【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本は、ブレトンウッズ体制以降のゴールドファンドのクレジットラインのリース料が巨額になっているという噂。

□日本は、ブレトンウッズ体制以降のゴールドファンドのクレジットラインのリース料が巨額になっているという噂。

 

ブレトンウッズ体制における金本位制度について考える。1944年米国ブレトンウッズにおいて、米ドルが金ドル本位制度になることが決定したこが、歴史の転換期になった。当時は、1オンス=US35ドルという固定レートで資金を生み出したということである。

 

1オンス=28.35gということです。つまり、当時は、ゴールドは、1g=1ドルちょっとだったことがわかります。しかし、現在は、70ドル以上しています。その差は結構あります。

 

さて、銀行は、自らの資本力で銀行券を発行してはならない という規定がありますので、金ドル本位制度では、ゴールドの名義人が銀行にクレジットラインを貸出すことで通貨を発行したといえます。

 

巨大なゴールドの名義人は、個人であったということです。世界経済を支える300人委員会など噂されていますが、基本的には、準備銀行に対するクレジットラインを貸し出すゴールドの名義人は、個人が名義人となり、クレジットラインを準備銀行に貸出、クレジットラインは、1%のクレジットラインがあれば、100%に増やすことができるという理論で、99倍に増やすことができるということで、資金を増やしてきました。これは、資本主義経済の拡大のために、資金を生み出したといえます。つまり、ゴールドの裏付けで資金を増やすということをよく説明していますが、ゴールドファンドを持つ個人委員会が連邦準備銀行に対してゴールドの与信枠で生み出したクレジットラインをリースして、資金を生み出しながら世界経済の拡大をしていったといえます。

 

また、クレジットラインというのは、リース可能であるので、世界中の中央銀行が通貨を発行する際に、クレジットラインをリースすることで、通貨を発行できるようにしたということで、日本は、ゴールドファンドの名義人のクレジットラインは、欧米の準備銀行、世界の中央銀行のゴールドを元にしたクレジットラインをリースすることで、ゴールの裏付け資金を発行することを支援したといえます。

 

つまり、日本の素晴らしい点は、世界経済発展の支援のためにゴールドを担保にしたクレジットラインを世界の中央銀行、準備銀行に貸出し、日本は巨額のリース料が存在しているという話があります。しかし、そのクレジットラインのリース料に関しては、まだ市場に開放されていないというのが現実ではないでしょうか?つまり、日本は、今後世界の中心となり得る可能性が大きいと噂されていますが、その理由は、ブレトンウッズ体制以降、日本のゴールドファンドの名義人が貸し出したクレジットラインが世界経済を作り、そのリース料が巨額に存在しているといえば、理解できると思います。

 

 

その資金が本当に開放される時が来れば、日本は、資金不足に悩まされることがない国になることができるといえます。

 

また、日本のゴールドファンドがリースしたクレジットラインのリース料が開放されるとき、世界が大きく変わるときではないかと予測しています。

 

ちょっと都市伝説的な話ですが、普通に考えれば、クレジットラインは、1年間で99倍増やすことができ雪だるま式に増える事を考えれば、クレジットラインのリース料は、戦後77年間で77条になりますので、巨額なクレジットラインのリース料が存在しているのではないか予想できます。あまりに多すぎけて計算できませんが、クレジットラインの仕組みが理解できれば、まだ解放されていない日本のゴールドファンドのクレジットラインのリース料が巨額に存在しているつまり、ゴールドに裏付けされた資金がもう、天文学的に存在している事になります。

 

たしかに、ブレトンウッズ体制で、考えた金融システムですが、これだけ長期間の時間がすぎれば、計算上、ゴールドに裏付けされた資金は、際限なく生み出す事ができるといえます。つまり、地上の楽園を形成することは、難しくないと言えると筆者は、考えています。そんな世の中が来ればいいですね。

 

MSA総合研究所より

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。