実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本の平和維持活動における財源 これが日本の本当の強さである。

日本の平和維持活動における財源 これが日本の本当の強さである。

簿外積立金



日米同盟における米国が管理する日本の平和維持資金についてのルールは、1954年に日米間で結ばれた相互援助協定による規定で決められている。米国は、戦後復興するためと、同時に共産国の台頭によるために、日本を含め、西側諸国の結束をかためるために相互安全保証法を制定して、軍事協定と経済援助をセットで国際条約を結んだ。

その資金管理については、日本政府と切り離し保管するということで、独立の資金として別保管されると明記された。

つまり、企業育成資金(基幹産業育成資金)のベースとなる仕組みとなります。

このことが理解できなければ、この案件は、日本政府のどこかの省庁が管理しているということを言う人物はいるようですが、政府と切り離して独立して保管するとなっているので、政府保管ではありません。基本は、米国が日本の平和維持活動(安全保障)を行う財源として、資金を管理しており、天皇家に任命された「資金者」によって資金の手続きがされる仕組みになっている。つまり、政府の決済により資金が動くのでなく、資金者の決済、手続きにより日本の平和維持活動資金(簿外資金)が動くことになる。それを動かすには、ルールがあり、日本の一定基準を満たした企業代表者(個人)が名義人になった場合に限り、日本の平和維持活動の積立金から資金を動かすことができるということが理解できれば、この制度について理解できることになる。日本の本当の強さは、日本の平和維持活動財源(国家予算外資金)が巨額に存在していることになり、この資金をうごかすことが世界平和の貢献する資金として準備されている。

この仕組について理解する必要があります。

 

**********************

「企業育成資金とPPP」についての勉強会の案内

福岡県福岡市 博多駅セミナー会場で開催 参加者募集中

 

開催日時 2022年9月28日 (水曜日) 

午後2時開場(早い目に入室はできません)

午後2時10分からセミナー開始

午後4時 終了

セミナー講師 MSA総合研究所  代表

参加費用 無料

募集人数 12名(定員)

開催場所 博多駅から徒歩5分

名称 :お気軽会議室 ウーブル博多7

住所 :福岡市博多区博多駅前3丁目10―2 ウーブル博多 708

https://goo.gl/maps/QHai9MvZHX8tuRcVA 

申込みフォーム ↓↓↓ 下記のフォームから申し込みください。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=dbd55b6e57a55554