実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

まとめて言えば、当方に連絡すれば、すべてが解決するといえます。

まとめて言えば、当方に連絡すれば、すべてが解決するといえます。

企業育成資金については、日米相互防衛援助協定についての全文をよめば、日本には何故、産業の支援制度があり、その資金は、米国(米軍)管理で、日本の平和維持活動の財源があるかが理解できます。

また、免税、免責、免訴という特権の意味など、自ら読んでいただければ、そのことについて理解は出来るかと言えます。

日本は、戦後復興期には、米国の協力者としての制度を活用して日本の平和維持活動(経済安定政策)に協力してくれた方を護衛する制度が会ったと言えます。

そのことがわかれば、企業育成資金のすべてが理解できたことになります。日本政府と分離した資金であることと決め、政府とは、別に、天皇家が資金者を任命して、民間の経済安定政策を行う立場の日本の経済人に対して、資金提供と護衛することで、日本経済発展
、平和維持活動(治安維持)を行ったことになります。

この制度は、国連に登録されている制度であり、99年の期限があることで、1954年から2053年までの99年間の期限で米国は、日本に対して平和維持活動財源を提供していることになります。

このことを理解してください。

日米関係がなぜ、重要かといえば、米国が管理している日本の平和維持活動資金が巨額に存在しており、条件を満たした企業代表者が企業育成資金に申請すれば、資金を受け取れるということになります。

つまり、当ブログの連絡先に連絡を取り、申請することで、この仕組み、「企業育成資金」の申請が出来るということになります。

なぜ、この説明をおこなっているのかは、資金者への案内は、当方にまかせていただければ、すべて問題解決します。

 

□セミナーの案内

2022年9月、10月、毎週金曜日 東京セミナー 参加者募集中

2022年9月28日 福岡セミナー 参加者募集中

2022年11月6日 大阪セミナー 参加者募集中