【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

金準備銀行グループという世界最高峰の銀行について解説(国際決済通貨)

 

金準備銀行グループという世界最高峰の銀行について解説(国際決済通貨)

 

金準備銀行とは、1921年に米国、英国、フランス、日本によって第一次世界大戦の戦後賠償の支払いに困ったドイツの救済することを目的にスタートにスタートした。それが、1930年に、スイスのバーゼル国際決済銀行(BIS)が設立、日本は金の輸出を許可する。その後、1941年、日本は、米英と開戦. 1944年にブレトンウッズ会議によりBISのゴールドは米国に戦時中に移設された。金準備銀行は、戦争による敵性資産ということで、秘密裏に取り扱われるようになる。米国は司法長官の法定管理するということで、日本には返還されなかった。そのかわりに、元所有者に対してゴールドの運用利子から、利子の配当を行う。ドイツなどは、個別保証をされたが、日本は、産業の育成のために資金が使われた。1967年頃、インドネシアスマトラ島で旧日本軍が関係した金塊が10万トンが見つかる。その後、フィリピンの178箇所の地下壕に大量に保管したゴールドが見つかり、完全に金準備銀行のゴールドは、歴史から隠されたゴールドの存在となった。BISのゴールドも、インドネシア、フィリピンのゴールド(数百万トンのゴールド)の多くは日本が関与したゴールドである。

 

ある意味、金準備銀行に保管されたゴールドは、国連では、「歴史的資産」という呼び方をするが、それらのゴールドの多くは日本が関係していた。ただ、今、金準備銀行グループの企業には、日本企業は一社も直接関係していない。第二次世界大戦直後には、金準備銀行から生み出した運用した際の利子の使用権は、日本にあったが、今は、制度が変わり日本だけの特権という話ではなくなった。金準備銀行の新制度は、2017年からスタートして、2022年から新制度の仕組みによって米国NY国務省UCC(統一商法)により、証券化されたゴールドのSKRを担保設定して、ゴールドクレジットを発行している。(金に裏付けされたゴールド) この仕組みによって、米国政府は財務省国債の購入を支援している。金準備銀行グループの管理する歴史的資産(ゴールド)は、2017年以降の規定では、政府支援に資金を使うことになっている。国際機関は、BIS、IMF世界銀行、国連への資金提供である。あとは、国連加盟国約200か国の政府支援ということになる。現在、金準備銀行グループであるMete財団は、国連加盟国の約200国に対して国家政府に対して加盟国を募集している。金準備銀行グループは、世界最大の資産管理をしている民間企業である。そのために、民間企業と国家政府との契約が必要になり、契約した国家に対して、金準備銀行グループの管理しているゴールドによりUSドルのクレジットを支援している。

 

国連加盟国への案内業務を行なうのが筆者の仕事ということになる。これは、金準備銀行グループが保管しているゴールドを使って資金の分配をすることが目的である。つまり、富の分配を行うのが、業務となる。これは、国際的非営利財団(Mete財団)が行なっている業務になるので、政府に対しては、無償ですべて提供する。100億ドルの返済不要資金と、その後は、無利子、無担保のローンを提供する。返済方法としては、現地通貨で行うことができる。政府は、借り入れをした場合も国債を発行して返済することができることになる。

 

これが現在における金準備銀行グループの事業展開である。

歴史的資産には、歴史的資産の償還プログラムがある。そのうち、日本の企業育成資金の仕組みも、その一つである。割引ゴールドのローリング販売などは、これも、資産償還プログラムの一種である。つまり、これらの業務のすべては、金準備銀行グループの行なっている案件ということになる。

 

ここまで説明をすれば、日本と金準備銀行との関わりは、非常にあることが分かるが、日本は敗戦国でもありますので、直接日本企業が金準備銀行グループとして資金を生み出す仕事を行なっていません。米国、英国、ドイツ、スイス、キプロス、トルコ、インドの企業が関係している。これが現在における金準備銀行グループである。




***************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com



※ 企業育成資金 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度 申請受付中

 

□【東京ールドプレミアムクラブ】

※ 割引ゴールドローリング取引 PPP案件50Kg、100Kg : 割引単発1トン単位

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

https://gold.msa.tokyo/

 

□【NGO世界経済安保資金本部|NGO World Trade Security Fund Headquarters

国家政府の支援プログラム 加盟国募集 Meteマネタリープログラム 加盟国特典 100億ドル人道的支援ー返還不要資金のプログラムあり 国家政府のみ支援します。

https://wts.msa.tokyo/ 

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。