【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

グレートリセットにおける通貨システムについて解説する

グレートリセットにおける通貨システムについて解説する

 

グレートリセットの時代に向けて、SRPの資産を使ったODAプログラムの重要性が高まっています。SRP(ソブリン ロイヤル ポートフォリオ)における資産を使ったPPPプログラムという世界が、信用創造の時代から次の時代への転換期で重要になります。

 

つまり、次の時代は、新しいブレトンウッズ体制と言われています。これは、SRPの資産についていえば、1944年ブレトンウッズ会議の際に、欧州やアジアの王族貴族グループから寄付された財源により国連による銀行システムである「世界銀行IMF」が設立されました。国連は、第二次世界大戦後の世界の復興開発財源をどうするかということで、国連設立時つまり、ブレトンウッズ会議で欧州やアジア王族グループによってゴールド資産の寄付があったので、米国を中心とした国連システムが出来上がったと言えます。

 

国連のバージョンアップというのは、世界が、統一社会へ向かっていくということを意味しています。それを行うには、国連が中心となり、資金提供ができるモデルがなけれ、そのことは、実現できませんので、そこで、SRPの資産をつかった世界経済を開発援助する仕組みを構築することになります。

つまり、新しいブレトンウッズ体制というのは、SRPの資産を使ったゴールドクレジットによる資金が、世界経済の開発を積極的に行っていくことが、これからの新しい通貨の形になっていきます。グレートリセットの動きについては、BRICsの動きを見て、あれが、グレートリセットだということを話していますが、グレートリセットは、スイスのダボス会議でできていた言葉ですから、当然、これは、西側の制度変革になりますので、グローバルサウスが行いたいことではありません。つまり、西側を中心にしていますが、表は、国連ということになり、新しいブレトンウッズ体制というのが、今後の世界経済を作り上げる上で、重要なポイントになります。

 

具体的には、ブレトンウッズ体制における通貨の作り方というのは、当時は金ドル本位制度でしたが、ゴールドを基軸として通貨を発行するという仕組みになります。

つまり、SRPの資産というのは、世界最大のゴールド資産であり、その資産について、米国財務省が監査をして、それと同等価値の国際為替手形を発行して、米国国務省にてUCC(統一商法)による第一抵当権の設定によって、レバレッジをかけて資金を作っています。これが、日本でも都市伝説かされているPPPであり、大企業に資金が提供される仕組みになっています。この仕組みによって世界の大企業は約2万5,000社以上が資金提供を受けてきた実績があり、この仕組みが、開発援助の財源になっているということを知る必要があります。

 

これは、資金は銀行で誰かの担保力を利用して資金を借りるということで、資金を発行する方法ではなく、SRPの資産から国際為替手形を作り、それに対して資金を生み出している仕組みですから、流動性高い資産であるゴールドを担保にして資金をつくっていることになります。また、SRPの資産は、国連の銀行システムを構築する際に、すでに寄付された財源でありますので、だれかの資産ということでなく、仕組みに従って資金を動かすということになります。

 

つまり、新しい資本主義というのは、国家プロジェクトに対して、SRPが資金を投入をして、世界経済を作っていくというモデルになりますので、国際低競争社会というよりも、国連加盟国が、国連の銀行システムに加盟をして、資金の供給(ODA)を受けて、PPPプログラムからプロジェクト資金を活用して国家の発展、開発を勧めていくという時代の流れが供されていきます。これは、地球規模で始まる新たな開発プログラムということになります。

 

その仕組みを提供しているのが、国連の銀行システムのSRPの資産を管理しているメテ財団グループということになります。

SRPの資産というものが、今後、世界経済に対して大きく影響を及ぼすことになります。この仕組みは、米国連邦法によって決められた国際ルールによって、実施されます。

つまり、国連の規定及び米国連邦法による規定により、これからの時代の新金本位制度の仕組みがこれから本格的にスタートします。これをグレートリセットによる通貨の仕組みということになります。

 

 

 

 

***************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com



※ 企業育成資金 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度 申請受付中



□Mete財団が行う「ODA 政府開発援助」の加盟国募集 国連加盟国を対象に政府開発援助(ODA)支援します。Mete財団が契約国に対して1カ国、1回に限り100億ユーロの寄付(返済不要資金)を提供します。契約後は、長期間の支援を行います、国家政府に対してのPPPプログラムの実施

 

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。