【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

即数兆円の現金を獲得する方法,企業育成資金(償還金)の制度の活用件数を増やすキャンペーンを実施。

即数兆円の現金を獲得する方法  企業育成資金(償還金)の制度の活用件数を増やすキャンペーンを実施。

 

筆者が最も注目して、説明しているのが、SRPの歴史と、開発援助の世界について論じています。日本の企業育成資金もこれも、開発援助を行うための金融商品の一種ということになります。

筆者は、SRPの資産から資金提供を行う財団 メテ財団のアジア日本代表として、アンバサダーとしての業務をおこなっています。そのために、業務上、開発援助に関する英文での契約書を見る機会があります。

日本の企業育成資金(償還金)についても、この制度ができるのは、確実に償還できる運用システムがあるから実現できます。企業育成資金(償還金)というのは、政府保証により中央銀行が資金を発行して、資金提供します。中央銀行が資金を発行するということは、当然、償還する必要がありますので、その償還方法として、SRPが資産を用いた運用システム、SBLCを用いた13ヶ月満期プログラムによって、13ヶ月で満期になった資金が資金譲渡されるために、その資金から資金を返済することで、自動的に償還ができるということになります。

これは、プロジェクト資金として資金提供がされるというプログラムになりますが、日本の場合は、契約後すぐに、即刻入金をするというスピード対応が実現していますが、これは、銀行融資によるものです。ただ、返済するリスクは、SRP資産を用いたSBLCによる13ヶ月満期プログラムにより、資金が13ヶ月をかけて満期になり、満額資金提供されますので、支払いができなくなることもありません。はじめ企業育成資金(償還金)で提供される資金については、日本円ですが、SBLCの13ヶ月満期プログラムにより満額資金譲渡されるのは、日本円でなく、外貨のユーロになります。また、SBLCの13ヶ月満期プログラムの契約書をみれば、銀行商品(証券やデリバティブ金融派生商品))を用いた運用であると書いています。これは、銀行内で行われている金融商品からの収益モデルによって、資金が提供されることを意味しているので、投資者は、確実にこのSBLCの13ヶ月満期プログラムにより満額資金を受け取ることができます。

 

これらのことを少々して考えれば、これは、完全にプロジェクト資金を提供するために、金融商品であると言えます。つまり、これを実現するには、企業育成資金を実現するには、政府保証があり、中央銀行から資金の移動をすることができ、同時に、その運用モデルも、SBLCの運用プログラムから確実に収益を得ることで外貨収入になるというメリットも有ることから、国内向けの開発援助としての資金提供もでき、同時に、国家にとっての外貨収入になるということになります。

 

この仕組みを考えると、仕組み的、制度的に全く悪い部分がないと筆者は考えています。筆者自身は、SRPから資金提供を行っているメテ財団で公式アンバサダーとしての業務をおこなっていますので、当然、そういう意見になるのですが、これは、個人的に考えて、全く誰も損する話ではないといえます。政府保証といっても、保証するというだけで、銀行で資金を動かしているだけですから、なにか国民負担をお願いする話ではありません。保証するだけです。しかも。SRPから提供されう資金などは、確実に支払われますから、デフォルトすることなどありません。つまり、損失のリスクもないわけです。

ただ、この業務は、企業の代表者1人個人に対して行うということであります。

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の代表権のある社員と決まっていますが、これは日本国が支払保証をする名義人になる条件として決めています。なんども説明していますが、このプロジェクト資金の提供プログラムは、参加者にとっても、日本国にとってもメリットがある仕組みですから、成約件数を増やすことが重要です。また、たくさん、参加する人がいたら、SBLCによる13ヶ月満期プログラムにより資金提供がされなくなるのでないかと心配されるかもしれませんが、この財前も、ほぼ無制限にありますので、条件を満たした投資者であれば違法性がなければ、資金提供されます。

 

つまり、米国連邦法におけるマネーロンダリング、反社会体制、テロ組織、そして、インサイダーとしての業務でなければ、この仕組みにより問題なく資金提供できるということになります。

当方としては、月間5本の契約を取ることを目標に業務を行っています。条件を満たしている方は、遠慮することはありません。この制度は、ある意味特殊な金融商品でありますが、条件を満たしている方ならだれでもお申し込みできます。申請費用は、無料で、政府保証とSRPの運用プログラムで即数兆円という現金が入金される案件など、地球上にこの案件以外存在しません。

遠慮する必要がありません。この制度の活用件数をどんどん増やしていきます。皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

 

**************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com




※ 日本国内向けODA(企業育成資金) 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度あり 申請受付中



□Mete財団が行う「ODA 政府開発援助」の加盟国募集 国連加盟国を対象に政府開発援助(ODA)支援します。Mete財団が契約国に対して1カ国、1回に限り100億ユーロの寄付(返済不要資金)を提供します。契約後は、長期間の支援を行います、国家政府に対してのPPPプログラムの実施

 

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。