【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

歴史の事実を正しく見つめることによって全てが見えてくる。現在は全てワシントンが情報を発信している事実に気づいた。

企業育成資金で話を追求していくと 結局は1933年の米国で決められた金の国有化という法律が関係しているということです。

 

つまり 当時日本は BIS つまり国際決済銀行に加盟しており、 日本の昭和天皇国際決済銀行を作るための 旗振りをしたところもあり 当時は ドイツと日本が中心となって植民地エリアのゴールドを集めるということをしたのですが 一部 それに対して同意しない人たちに対しては武力を持って 制圧したという歴史があり その歴史を隠蔽したいがためというのもあるのが事実だというのがよくわかってきました。

 

これは歴史のタブーかもしれませんが ただ単に教えないで この事実を隠し通すということはよくないことだと思います。

 

ここに関わる 悪い話が悪い情報を提示しているのも 、ここに関与した、 つまり 歴史的にこの略奪 金に関与した人たちに関係するとも言えるでしょう。

 

そのことに関しては歴史的な過去の事実であり曲げられない事実でもあります。 日本は米国に原子力爆弾を落とされて たくさんの人は死にましたが、 日本も海外に出向いて 植民地にしていた地域でゴールドを国家に提供しない人たちに対して武力 抑圧をしたという歴史はあり、そのことに対して 隠されたタブーとして 語らない隠すということを続けてきたことが結果として、 この 第二次世界大戦以降の社会を ギクシャク させている一つの原因になっていると言えます。

 

確かに 戦争というものを美化したいというものや、 戦争に対して日本は悪くはないという言い方を日本国民に対して 植え付けたいという考えはあるかと思いますが、確かに多くの人が亡くなり 日本国民もたくさん死んでいるわけですから その事実について 、もう少し 明確に理解をするべきだと言えます。

 

ただ 戦後80年 近い 歳月が過ぎ、 日本国内ではタブーとしているような内容が、米国ではどんどん開示されてきていますが 、この 全ての情報に関しては全てワシントンで情報が開示されています。

 

つまり、このことを行った大義というのはゴールドと交換する必要がない 不換紙幣を作り上げるという目標がありその目標を実現するがために行ったプランということになります。

 

ある意味 国際決済銀行というのは ゴールドを1箇所に集めるということで 不換 紙幣を作るプロジェクトの一環であったということがよくわかります。

 

1933年から始まった 米国におけるゴールドの国有化 つまり ゴールドは全て国に提供しなければいけないということがありそれを行ったのは米軍でありそれを行ったのが フォートノックスと言われている米国 基地が中心になったということは 米国国内でも知られています。

 

日本国内でもゴールドを回収するということが行われて、お国のために国民ゴールドを提供したという歴史があることは知られています。

 

これも全て国際決済銀行とその加盟国で企画した 不換紙幣を作るためのプログラムであったと言えます。

 

第二次世界大戦後 この情報に関して 漏洩しないために 国際決済銀行は解体されるという話にはなりましたが 、別の意味で残りました。

 

 

それを引き継いだのが、連邦準備制度ということになり これが ブレトン ウッズ体制における 金ドル 本位制度ということになります。

 

当時は この 集められた ゴールドの情報 つまり国際決済銀行に記録された ゴールド情報に関しては 日本は戦争に負けたことですぐに放棄をしました。

 

その情報は イギリス フランス アメリカの3カ国協定によって管理されることになり 、これが 50年間の管理権を得たわけです。

 

1945年から1995年までの50年間は三国協定によって管理されたというのが この ゴールドの資産ということになります。

 

王族 グループつまりOITC が設立され三国協定で50年間リースしていた ゴールドに関しては 王族 グループに返還することになり、 その後 王族 グループによって管理されることになりました。

 

1945年以降 1995年までは IMF世界銀行などが このゴールド 資産に関しての管理権というものがあり、 そこからの開発援助 プログラムの資金を提供していたということにはなります。

 

それ以降に関しては基本的には 先物 取引などを行う PPP によって財源を確保しているという話です。

 

現在 王族 グループ、つまりを ワシントン 本部にしているOITCは連邦準備制度と米国大統領 予算管理局との連携によって認可を出し、 様々なプロジェクト 資金の提供を行っているということになります。

 

日本の天皇家に関する資産 つまり これに関しては 管理に関しては 米軍の管理下に置かれておりますがこれは日本の法律における 皇室経済法という法律の中で天皇家の資産を放棄するということになり 管理は米国によって行われているということになるために 米軍の管理及び天皇家からの指名する責任者によって これらの資金を招待制度に持って 助成金を提供するというプログラムを行っております。

 

これが日本における企業育成資金の仕組みになり、 これらの仕組みも全てワシントンに関係しております。

 

最終的にはこのような資金というのは全て保護しているのは、 米国大統領 予算管理局ということになり、 米国大統領の直轄のプログラムということになります。

 

事務所は全てワシントンにある仕組みということになります。

 

このような仕組みを提供される資金というのは ワシントンを経由して行われるのですが これにアクセスするには 招待制度ということによって行われますので 自分から自ら申し込みたいと言っても申し込めません。

 

つまり 必ず 招待してくれる人がいなければこの案件に参加できないという仕組みになっているために 当方 MSA 総合研究所 ではこのことに対してサポートしているということになります。

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|信用金庫 代表理事 預金高5000億円以上|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。