2021-06-14から1日間の記事一覧

企業育成資金を活用して世界中のインフラ整備を進める提案

テレビで G 7のニュースを見ていると中国買いも行っている一帯一路に対抗するインフラ整備計画を考えているという風なことがありました。通常に考えればこのような大きなインフラ事業には多額の投資が必要になります。よってこのような国際支援における資金…

共通の認識を持って企業育成資金の案件を成立させる。

MSA 総合研究所のブログを書き始めて4年が過ぎています。 この資金の結論としては日米共同体における企業育成資金という風な呼び方で書いています。すなわちこの資金について研究していくと最終的にはサンフランシスコ講和条約における国土復帰と同時に行わ…

どんな状況下にも屈することなく企業育成資金の普及に努めます。

日米共同体から捻出される企業育成資金について説明しています。日米共同体というのはすなわち日本の安全保障問題に対応する部門です。 日本政府というのは三権分立である司法立法行政に対応して社会サービス部門です。よって日本の社会システムは日本政府と…

日米共同体から捻出される企業育成資金を活用して地方自治体の借金問題を解決する方法。

この前ニュースを見ていると京都市の財政が非常に厳しい状況にあるというのを見ました。地方自治体で行なっている公共事業の赤字がひどく地方自治体の財政が非常に圧迫されているということをよくあります。この問題をどう解決すればいいのかというのは普通…

日本の安全保障問題と育成資金は、同じ土俵の話です。ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

日本の国は、三権分立を担う日本政府と安全保障を担う日米共同体があり、一国二制度によって、日本が存在してることになります。 育成資金のことを研究していけば、最終的にこの相互安全保障という事柄について、真剣に考える必要が出てきます。 すなわち、…

育成資金は、日本政府の管理ではないですが、日本国の資金です。ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

東証一部、銀行、信用金庫の代表者に提供される企業育成資金といわる巨額資金について、解説しています。 日本は、一国二制度によって、成り立っている国です。三権分立、司法、立法、行政歯、日本政府が行っています。 もう一つの制度は、日本の安全保障に…

世界を牽引する財源を有する育成資金の仕組み。

育成資金について研究をしていくと、やはり、戦後日本がどのようにして、国家の仕組みを作ってきたかということに、注目していきます。 そのなかで、1951年のサンフランシスコ講和条約に調印してからの日本の統治がどのようにして来たかということが理解…