実話!MSA協定第5条、財政法44条を基にした「長期保護管理権委譲渡資金」

霞が関の埋蔵金と噂されている機密資金。その実態とその活用について現場目線で語るブログ

MSA協定の資金は、国の省庁の管理下で保管していない。

MSA協定に記されている資金「長期管理権委譲渡資金」は、国の省庁の管理下で保管はされていない。この資金について、疑問を持った人の多くが、国の管轄省庁と思われる省庁に問合せをいれているようだが、資金管理事務局(民間機関)が簿外資金として金融機関に保管している資金になる。よって、財政法 第44条に関係する資金が、省庁に関係して保管しているのでないかと問い合わせても、省庁が管理していないので、そんなものはないという回答になる。

 

省庁は、迷惑しているのだろう。

 

それで、省庁のホームページに「長期保護管理権委譲渡契約」などありません。と書いているの見て、「この話がでたらめだ。」という人も少なからずいる。

 

非公開で、簿外資金として管理しているので具体的にどこにいくらあり、一般会計のように報告しないので、証明することはむずかしいが、運がよければ、真実に出会えることになる。

 

これは、いかにいい人の出会いがあるかで、運命を決定する資金だろう。