実話!MSA協定第5条、財政法44条を基にした「長期保護管理権委譲渡資金」

霞が関の埋蔵金と噂されている機密資金。その実態とその活用について現場目線で語るブログ

富の分配制度を考える。

国際流通基金という話を前回のブログで書きましたが、国際流通基金の組織は、非常に大きな世界的組織になっています。国際的金融を支える組織として世界の金融の頂点の存在といえます。

 

日本の果たす役目というのは、国際流通基金に対して、原資なる金を提供したのが、日本の皇室財産からが多く提供されたことで、日本の国際的な金融的役目が非常に重要になっています。

 

国際流通基金から資金分配された資金「長期保護管理権委譲渡資金」が日本の有力な経済人の口座管理人の口座を経由して、政府枠への資金分配、及び、関係各国「G8]への資金分配が行われます。関係機関などへの分配も同時に行われ、資金が多方向で使われるようになります。

 

国際流通基金(運用益)⇒日本への送金(通貨スワップ)⇒日本銀行など資金管理銀行の資金管理者口座⇒日本を代表する経済人の個人口座⇒政府枠(特別会計)及びG8への分配資金  という流れで資金が分配されます。 政府枠(特別会計)⇒各省庁の費用及びODA、JICAなどの国際援助資金 と分配されます。

 

すなわち、日本の企業経営者で国が認める基準を満たした経営者が、協力して、資金を動かすための口座を貸して頂くことで、手数料として、送金金額に対して一定の金額の謝礼が支払われます。

 

謝礼にあたるのが、個人裁量で使っていい部分の資金であり、受託者が社会貢献として使える部分は、これは、社会のために使うということで、一般社会への分配資金として使われます。

 

すなわち、資金の分配システムで日本の「長期保護管理権委譲渡資金」を委託できる立場の人物は、非常に重要な役目を果たすことになります。

 

国際的金融の資金の流れを停滞させないことが世界へ貢献になることは言うまでもありません。

 

その話を聞いたら、対象者は、「私がそんな立場であることは驚いた」とおっしゃるでしょう。しかし、日本をリードしていく経済人が世界を牽引すると思えば、非常に価値の高いことだと理解できるでしょう。