金融機関の不正融資問題に対する提案 MSA資金が助けになるか?

MSA資金とは、産業を支援するために創設された資金です。本来は、業績悪化して同しようもない企業を救済するために考え出された資金提供の方法でした。

とある自動車メーカーが業績悪化して取引銀行からも「これ以上資金を融資するのが難しい」「今の業績では貸せない」と言われたときに、「かつて自動車産業を日本から失くすのか」と論議になったことがありました。

当時の官僚の中でも、「自動車産業は、乗用車は日本の車は、性能も悪いので、輸入車に頼ればいい。」という意見もあり、助ける手段をなくしたときに、資金は、企業には、出すことができないが、企業と同等の価値のある代表権のある経営者に出すことができる。という話で資金提供をおこなったことが、この償還制度の個人への資金提供がはじまった概念のスタートということです。

すなわち、企業業績に関係なく、個人の信用枠(与信枠)があれば、企業と同等の資金提供をするという考え方での資金提供です。

現在では、資金調達する方法も色々増えてきているので、MSA資金の資金提供する形だけが特殊な場合の資金調達する方法ではなくなってきています。しかし、法的に融資を受けた資金をデフォルトして、再生する考えもあるかと思いますが、デフォルトされたことで、金融機関や取引先にも資金面、業務面で多大な悪影響を与えることになります。

それを、防ぐためにデフォルトするのではなく、代取個人がMSA資金から資金調達をして、代取の個人口座から法人口座に資金を移し、支払い当てる方法があります。

また、金融機関の不正融資の問題でもアイデア次第でこの問題を解消することができます。

すなわち、不正融資した金融機関は、問題があったとしてもMSA資金から大型の資金調達が、代取個人は行うことができます。

代取個人が、MSA資金を個人で無償調達して、その後、資金を財団に移します。財団と限定しなくても、新設する法人(株式会社や合同会社)でも結構ですが、資本を移し、その法人が不正融資に関わった投資家から不動産物件を多少利益を乗せて買い取ることで、金融機関へは、返済が完了でき、投資家も不動産ローンの地獄から解消されます。

資本主義経済ですから、誰かが得をすれば、誰かが損をする可能性は常にあります。しかし、あまりにも問題解決することが難しい損切りの場合は、MSA資金の無償提供以外助ける道がありません。

MSA資金の資金調達をすることは、法的に支払いを逃れるためのデフォルトをするのでなく、資金を無償調達して、不良債権になる前に、すべて買い取ることで、問題が沈静化します。

お金の問題は、だれかが損切りしても支払いをおこなうことで、解決できます。すなわち、損得勘定なしで、資金を使えるのは、MSA資金の資金の無償提供案件以外考えられません。

 

今、不動産投資の不正融資問題がクローズアップしていますが、その問題をクリアーするには、MSA資金の活用することで、関係者がすべて円満解決できる方法があります。

 

MSA資金は、一度だけいただける資金でなく、1年半から2年の期間をあければ再申請可能な資金です。

ここが重要なポイントになります。