MSA資金の存在を広めることが日本経済を変える

筆者は、長年通貨発行権がどのような仕組み、行われているかを興味をもって研究していました。

ホント笑い話ですが、世間では、なんかひどいこと言われる大企業の代表者に出される資金が日本における通貨発行権をもちいた資金提供になることがわかって、この資金に対して、印象を変える努力をしない限り、日本の経済は救いようがないと思って、その話をブログで書くようにしました。

令和の時代、飛躍的な時代になれるかは、この資金をいかに動かすかで、日本の経済を浮上されることができ、貧困をなくすことができる制度であることを訴えなければならないと思っています。

いくら、政治の指導者は、大きな声を出していいこと言っても、通貨発行権をもっていないということは、日本建材の根本的な経済改革をすることができないということです。

ある意味、国策をもって、このMSA資金の制度を活用するのがいいのかしれませんが、MSA資金の財源のもとは、PPP運用益、 すなわち、民間財源であるのと同時に、国際協定で、この資金を民間人経由で話をして、資金を実行するということが決まっています。

かつては、特別会計の中で、経済援助資金特別会計法によって、行われっていましたので、国策で常にこの案件は行われていました。

現在では、民間経由で行われるようになっています。

よぽどの場合でない限り、お上からの声はかからないのが、この制度です。

表面だった動きで、国の権力者が資金実行に関わり、強制的には参入できないというルールがあるために、表立って、国策でこの制度を活用しないということが言えます。

令和の時代に、日本の経済をかつての栄光の金持ち日本と言われる時代に戻れるか、それ以上になれるかは、この資金を積極的に活用できる環境つくりあげることが重要だと思っている。

PPPの運用益を世界中の国では、活用している事実を日本人のトップ経営層は、知るべきだろう。

国内通貨の流通量を増やすには、外貨準備高が関係していること、そして、外貨はどこにあるのか?それは、絵画運用されているPPPから財源を確保するのが、もっともスピーディーで規模が大きい資金を獲得することができる。