【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

企業育成資金の巨額財源を現金化するには名義人が必要になります。

企業育成資金と日米安全保障費の捻出のために行っている案件についてですが、この案件について、詳しく説明するもの少なく、この制度について、都市伝説香しており、また、この制度を真似て詐称事件をおこした犯罪者も多く存在したことで、この特殊案件について、非常にタブー視されています。

 

財源のもとになるのが、日本が敗戦したことで戦争責任を問われ、日本の財閥及び皇室資産だったこともあり、謎めいた部分が多く、どこかに巨額資産がかくされているのであるのではないかと巷で噂されています。しかし、見つかった形跡はないというのは、当たり前のことです。

 

それは、資産価値を担保にして、運用するPPP運用により現金化するという運用方法をとっているからです。接収財産は、接収されていますのでもうすでに日本のものではありません。しかし、日本名義の資産については、イングランド銀行のTRUSTによりその担保価値でPPP運用をFRBでおこなっているというのが、実際のところになります。

 

PPP運用というのは、実際の原資がどこにあるかは関係なく、その原資になるものが、どこかに存在していれば、それを担保にして銀行が資金を貸し出し運用してその運用益を提供するという特殊運用だからです。

 

よって、日本は巨額な運用益が存在しているというのは、かつて日本が所有していたゴールドが多数あった。すなわち、日本産のゴールドが担保になっているということです。現在は、日本のものではありません。ただ、日本産のゴールドが、その担保価値によって運用されているということです。

 

このPPP運用という仕組みは、資本主義経済を拡大するためにケインズが提案した運用方法ということです。

 

いずれにしろ、特殊運用の手法を用いて、イングランド銀行のTRUSTに巨額資金が存在しています。それを日本向けに送金した資金データーは、すでに巨額に存在しており、そのデーター上の資金を現金化するるための名義人が必要という話です。

 

名義人になる方というのは、中央銀行でデーター上の資金を現金化することを許可を得た人物ということになります。

このような案件は、日本以外の国でも行われています。

日本では、明確にデーター上の資金を現金化するために明確な条件を定めています。

 

それが東証一部 資本金100億円以上(製造業、基幹産業があることが望ましい)の企業代表者、銀行、信用金庫(預金高5000億円以上)の代表権者ということになっています。

 

中央銀行日本銀行)で現金化できる人の名義人として、許可を出せる人物があれば、巨額に作られているデーター上の資金が現金化され、市場で使える資金となります。

 

お金の世界というのは、お金は現金として見ることができますが、PPP運用された資金は、現物の現金を運用しているわけではありませんので、現金化するという作業が必要になります。

 

なんだか、PPP運用についての考え方は、そんなものなんだ・・・というくらいに理解でいいかと思います。筆者も、その心はといえば、この制度を考えたケインズに聞いてくれと言いたいのです。

 

PPP運用によって資金が作り出される制度があり、それを活用して、日本には、巨額な産業支援用の財源があります。しかし、その財源を現金化するには、名義人が必要になり、中央銀行日本銀行)で現金化する際に、その名義人を通じて現金を生み出します。

 

この資金を管理している管理者から言えば、現金化できる資金データーは多額に存在しているのですが、これをなんとか現金化したいと望むの理解できます。

 

何もしなければ、データー上の現金ではない資金ですから、何も使えるお金になっていないということですから、

 

この現金化する際に、前回のブログでも書いた、関係省庁での許可を取得することが、資金の移動許可が出て、資金投入することができます。

 

いずれにしろ、本案件を活用して、日本は積極的に資金を現金化し、市場での経済の活性化につなぐことができれば、この制度を行っている主催者は、満足できる仕事ができたということになります。

 

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。