実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

条件を満たした企業代表者が資金を受け取れば、政府が国際貢献ができるという制度ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金を捻出したあと、代表者利益の配当として資金提供されるのと、政府側への配当があります。

政府側に捻出された資金というものは、安全保障費という名目もありますが、同時に国際貢献するための資金として活用されます。

G7などの同盟国などへの外国債の購入費用、
オリンピックなどの国際イベント
ODAなどの発展途上国への資金援助など

世界に貢献できる援助をすることを目的として資金を活用するようになっています。
その財源は、企業育成資金を企業代表者が申請することで、代表者利益としての配当金と政府側の収益としての配当として、分配されます。

国内問題だけでなく、日本が世界対して貢献できるかという重要な財源は、企業育成資金という東証一部、銀行、信用金庫の代表権者が申請してはじめて、資金を生み出すことができるモデルになっています。

これは、ベースとなるが、米国FRBによって、提供されるPPP運用された資金を、申請企業の代表者の受け取り分「代表者利益の配当」と「政府側利益の配当」として資金を双方で分けることで、財源を確保しています。


普通に考えたら、ちょっと奇妙な制度になりますが、米国も日本に対しての直接政府間支援を行わないとなりましたが、日本の東証一部、銀行、信用金庫の代表者個人を対象に私的な援助は、現在もなお継続して行っています。

資金の財源がどこからか、などいろいろ日本では話題になっていますが、そんなことは、過去のことですからあまり考えないとすれば、米国政府と米国連邦準備銀行が提供する民間支援モデルとPPP運用によって実現している資金の配当モデルになります。

よって、この制度は、申請条件を満たした経営者(代表取締役)が代表者利益の配当を受け取りたいといえば、政府側も財源ができて嬉しいというのが、本当の話になります。

資金提供に関しては、大口は、1週間ほどで終わり、小口は、PPP運用をしてから資金提供をするので、3ヶ月ほどかかりますが、いずれにしろ、代表権者が受け取れる配当金「代表者利益の配当」が得れます。

この制度は面白いですよね。代表者に配当金を受け取ってもらえれば、政府も配当金が得れて、国際貢献する財源を捻出されるのですから、この制度を活用しない手はないと言えます。

東証一部の場合、製造業企業に所属している代表取締役の場合、代表者利益の配当を受け取れるチャンスは大いにあります。
是非、チャレンジいてみてください。

MSA総合研究所より