実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

日本の製造業は資金不足で悩むことがない制度がある。しかし、それを活用していないのだけで世界に負けている。

日本の半導体産業を復興させるには、投資5兆円の覚悟という記事を目にした。今世界は半導体不足で、サプライチェーンに問題が出て自動車などの製品で納品遅れが続いている。そのような状況を打破するのには、外国から半導体輸入に頼るモデルでなく、日本の国産で大量生産できる最新鋭の半導体製造プラントが必要になる。5兆円の投資ということが具体的にかかれていましたが、今の日本の企業がこれだけの投資が普通にできる企業がどこにあるだろうか?

実際の話しは、無理な話である。
政府が資金提供するとしても、表向きの税収から出す補助金では、限界があり、せいぜい、数千億円程度が限界であり、それでは、世界の最先端技術の世界では太刀打ちできないのが現実である。

そこで、日本には、育成資金という極秘裏で行われているが、東証一部で資本金100億円以上の製造業企業ならば、経営者がこの育成資金に申し込むといえば、資本金の100倍以上の資金調達が可能である。

さて、ここで、たとえば、東証一部の資本金1000億円の半導体製造メーカーの代表者が育成資金に申し込むとすれば、大体、どれくらいの資金提供されるかをシュミレーションしてみることする。

表向きのアナウンスでは、資本金✕100倍ということを話しているので、1000億円の資本金の場合は、10兆円の現金が支給される。実際に、重要な産業だと認識できる場合には、その3倍の上乗せで支給されると考えて頂いて問題ないかと思います。

すなわち、東証一部の資本金1000億円の製造業の場合は、通常の10兆円の3倍で30兆円の資金提供が可能になります。

しかも、育成資金の場合は、1年間期間を開ければ、再申請できますので、毎年30兆円の資金調達が可能になります。

このような制度ですから、日本の工業を支援するために作られた育成資金の制度を活用しない手はないと言えます。

この方法を用いれば、日本は国産半導体が世界をリードできる最先端工場を作ることができます。参考まで

MSA総合研究所より