実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

PPP運用という特殊運用の存在を知らない限り、企業育成資金のスキームが理解できない。

企業育成資金という巨額な資金提供ができる一番の理由は、これは、PPP運用と言われる運用が存在するからです。

PPPというのは、いろんな資産を一つの与信基準として、その資産と同等の金額を運用できるという仕組みになります。
一般的な例は、預金高◯◯◯億円があれば、その預金高を証明する残高 銀行ネットワークでいう Swift MT799 の情報に応じて、PPPトレーダーがその枠内の資金を別枠で動かし、運用できるという仕組みです。

PPPの与信枠は、天然資源やその他不動産などにも紐付けできるようになっており、地球上のさまざまな資産、資源に対して、価値を決め、その価値と同等の金額で運用ができるという仕組みになります。

すなわち、企業育成資金についていえば、申請者がなぜ代表者である必要があるかは、企業の価値の与信枠が経営者の代表者と同等の価値を持っているというPPP運用の独自のルールが有るために、その価値に対して、FRBの資格を有したPPPトレーダーが運用できる仕組みがあるので、企業育成資金で巨額な資金提供ができることになります。

ある意味、これは、ありがたい仕組みです。

世界的にもっとも魅力的な運用といわれるPPP運用が日本では、いつでもできるサービスがあるのです。PPP運用がもっとも重要なことは、実際には、資本金や、不動産など、その他、いろいろの資産については、なにも拘束されることなく、その価値をPPPトレーダーが試算をして、その価値をもって運用するという仕組みですから、その瞬間、その価値を代表する方であれば、その価値に対して資金を生み出す権利を有していることになります。

これを見ていると、何を言いたいのか?と思うかもしれませんが、FRBの資格を有したPPPトレーダーの仕事は、地球上の存在するあらゆるの資源や資産に対して、それに対して、一定のルールを決めて運用できる仕組みがPPP運用ということになります。


普通の運用というのは、運用者が自らの現金を直接、株式市場や、債券市場などに投じて相場によって運用しますが、これは、相場の上げ下げによって負ける可能性があります。

しかし、PPP運用というものは、地球上の存在する価値というものとそれを有している人と紐付けて、PPPトレーダーが勝手に知らないところで運用している仕組みですから、その瞬間の価値が、運用の基準になるわけです。お金は、信用創造によって作るというルールは、1971年のニクソンショック以降、仕組みが変わってきましたが、結論から言えば、今は、世界にキャッシュマネーを生み出す仕組みとして、資金を市場に提供する仕組みは、PPP運用スキームによって決まっています。

さて、お金の世界というのは、信用創造により、資金を生み出す仕組みと、同時に、FRBのPPP運用者のスキームで資金を一般市場に投入する仕組みがあります。

いずにれしろ、現在の資金の仕組みというのは、PPP運用がベースになっていると言えます。なぜ、日本には非公開でおこなわれている企業育成資金という経営者が提供される巨額な給付金制度があるか、理由は、FRBの世界戦略の一環として、行っているPPP運用による資金の市場への投入する案件が行われているということが理解できれば、この企業育成資金のスキームについて理解できると思います。

なぜ、申請料無料で大きな資金が経営者に提供できるのか?その理由は、PPP運用のベースというものは、価値に対して、PPP運用者が資金を生み出せる仕組みがあるからです。

このことは、非公開で行われています。特殊金融の世界での価値に対して資金を生み出す仕組みがどうなっているかを知ることが、大切かと思います。この制度は、全世界を対象にして行われている制度です。なぜ、世界は平均5%で成長を遂げているが、日本は成長が停滞しているのか?理由は、PPPという特殊な金融についてあまりにも知られていないからです。

それが原因しています。

MSA総合研究所より