実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

発信元不明の情報には手を出さないのが鉄則である

企業育成資金の案件を追いかけている人の中で発信元不明の情報を追いかけることほど無意味なことはありません。

 

よくあるパターンが ○○さんが資金を欲しがっている 資金者に相談してほしい。 という情報が仲介者の中で噂されることがあります。

しかし噂があるが発信元が不明であるという場合はよくあります。

その情報を信用して一生懸命動くいてもだいたいバカを見ます。

情報の発信元は真実でない情報をまいてみます。

周囲の知り合いなどに話をして、その先から話が広がるので、いったいどうなったか正直どういう過程できたかよくわからないという状況になります。

 

自分から数えて3人先ぐらいまではつかめますが、それ以上はつかめません。

 

また発信元である人は数人のチームで行っている場合が多いです。

手前に発信する人が誰が発信元か分からないような情報で発信すれば本当の発信元が誰か全く分かりません。

その情報がデマであってもデマの発信元がつかめなくなるのです。

 

よって自らの関係で動かない限りどこの誰かわからないけど行ってきた話というものは絶対に聞いてはいけないと思います。

 

企業育成資金の案件は人の関係で行う案件にはなっていますが全く知らない人からの情報を聞けばそれはほとんどがデマです。

 

ですから自らのチームワークで行う仕事のみに手を出すのが一番だと思います。

 

突然見ず知らずの人からすぐに対応してほしいという話が来た場合にはこれは注意が必要です。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より