【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

発信元不明の情報には手を出さないのが鉄則である

企業育成資金の案件を追いかけている人の中で発信元不明の情報を追いかけることほど無意味なことはありません。

 

よくあるパターンが ○○さんが資金を欲しがっている 資金者に相談してほしい。 という情報が仲介者の中で噂されることがあります。

しかし噂があるが発信元が不明であるという場合はよくあります。

その情報を信用して一生懸命動くいてもだいたいバカを見ます。

情報の発信元は真実でない情報をまいてみます。

周囲の知り合いなどに話をして、その先から話が広がるので、いったいどうなったか正直どういう過程できたかよくわからないという状況になります。

 

自分から数えて3人先ぐらいまではつかめますが、それ以上はつかめません。

 

また発信元である人は数人のチームで行っている場合が多いです。

手前に発信する人が誰が発信元か分からないような情報で発信すれば本当の発信元が誰か全く分かりません。

その情報がデマであってもデマの発信元がつかめなくなるのです。

 

よって自らの関係で動かない限りどこの誰かわからないけど行ってきた話というものは絶対に聞いてはいけないと思います。

 

企業育成資金の案件は人の関係で行う案件にはなっていますが全く知らない人からの情報を聞けばそれはほとんどがデマです。

 

ですから自らのチームワークで行う仕事のみに手を出すのが一番だと思います。

 

突然見ず知らずの人からすぐに対応してほしいという話が来た場合にはこれは注意が必要です。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

Flag Counter