【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

問題行動する人たちのパターンを知る

企業育成資金に対してこれを推進させることをやめさせようという勢力あります。

これは本ブログで言う壊し屋と言う人達です。

 

壊し屋の人たちのパターンには3種類あるということは以前のブログでも書きました。

 

一つ目はこの資金を受けたら危ないとかこの資金を受けたら大変なことになるという怪文書を流す人たち すなわち広報屋です。

 

二つ目はありもしない情報をばらまいて仲介者に無駄な努力をさせる人たちです。

これはいかにも申請者がいるような話をしてそれに対して一生懸命活動している人たちに苦労だけさせて最後は本人が怖がって出てきませんでしたというパターンで終わる仲介者潰しの情報ばらまき屋。

 

三つ目は面談して欲しいやすぐに資金が出るなどとのでたらめな情報を言って突然トラブルが発生したと言ってドタキャンする人たち ドタキャン屋

 

この三つのパターンが基本的な壊し屋の動きです。

 

この案件に関わってる人で多くの方がこのような経験をしたかと思いますがこれは全て潰し屋による工作作業です。

 

ですからこの三つのパターンには非常に注意しなければいけません。

ーーーーーー

壊し屋の3パターン

 

1 怪文書を流す怪文書の広報屋

2  でたらめな情報をまく情報のばらまき屋

3     突然の架空トラブルでドタキャンするドタキャン屋

 

※情報伝達の手段は全て電話を使います。

 

ーーーーーー

これは基本的には心理的打撃を与えるという作戦で行なっています。

直接的な暴力などをすることはすぐに逮捕されますのでそのような行動には出ずに心理的な打撃を与えることでこの企業育成資金から関わることを辞めさせようとする人たちです。

 

このような活動があることでこの企業育成資金というものが周囲にはなかなか理解されない存在になってしまったと言えるのではないでしょうか。

 

企業育成資金の正式な話が分かれば何も問題のない制度です。

これはただ単に国際金融における運用システムと資金の提供モデルです。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。