実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

ゴールドラッシュビジネスモデルである企業育成機構のビジネスモデル 億万長者を目指せ!

□ゴールドラッシュビジネスモデルである企業育成機構のビジネスモデル

f:id:shoukan:20211107100541j:plain


企業育成資金について、なぜ、企業育成機構の仕事を行いますか?それは、国家のため、社会のため、日本経済の発展のため、 はい、すべて正しいです。

しかし、いちばん重要なことは、企業育成資金の普及をする仕事、すなわち、企業育成機構のしごとは、この仕事を行った人が、結果になれば、億万長者になるということです。
すなわち、金持ちになるために、この難しい案件にチャレンジするのです。当然、民間の金融に関する案件ですから当然、コミッションは発生します。ビジネスになるので、このことを話ししているのです。

企業育成資金の話をして、お客様である企業代表者である大企業の社長には、巨額な資金が入ります。同時に、これを案内した企業育成機構の仲介したメンバーにも大きなコミッションが入ります。これは、ビジネスです。

ビジネス、すなわち、金儲けのために、行うのです。当然、宝くじの一等賞よりも大きな収入を一発で得ることができる仕事は、他に探して、ありますか?しかも個人経営者としてこの事業に参加してできるのです。

すなわち、これは、ビジネスで億万長者を目指すビジネスです。

すなわち、ゴールドラッシュビジネスモデルといえます。

社会貢献度が大きい仕事行うので、巨額な報酬が得ることができるのです。これは、難しい案件ですから、当然、成果報酬は大きくなります。

企業育成機構 MSA総合研究所より