実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

貿易の仕組みを理解するべきでしょう。

□貿易の仕組みを理解するべきでしょう。

筆者も長年、都市伝説の国際金融の謎について追求して結論がわかったのいですが、

これは、「譲渡可能なクレジット」というICCの規定と、それと、農作物や天然資源の先物取引のおける割引で契約を購入する仕組みということが理解できて、70年近く、まことしやかにヨーロッパで運用していた秘密資金という話になるということがわかり、正直、そんなことか?ということになりました。

譲渡可能なクレジットということは、クレジットラインを提供する人を資金者といいますが、資金者の現金預金が現金担保として、第三者にその現金担保の与信枠(クレジット・ライン)をリースすることで、貿易取引での資金調達を支援する。リースが何度も可能ですから、一つのクレジットラインがあれば、複数回資金をプライマリーバンクから資金を借りることができるので、資金を増やす事ができます。クレジットラインを貸し出した資金者は、その取引を行っている欧州のプラットフォームに外注しておけば、プラットフォームは、最適化してAI技術をもちいて、世界の資金の必要な貿易取引対して、クレジット・ラインを銀行にリースして、銀行が、中央銀行から資金調達できる仕組みを提供しており、そのリース料が何度も行うことで、気づいたら膨大なリース料の収益になるというのが、PPPの仕組みです。

クレジット・ラインの複数回リースを行うことで得れる収益モデルということになります。


この話が、日本では都市伝説になって、「欧州でまことしやかに、運用されている機密資金・・・」ということになります。

確かに、これは、日本では、プラットフォームがありませんが、欧州市場では存在する取引であると言えます。

この仕組から得る収益は、貿易収益なりますので、それを送金することで、外貨獲得の貿易をおこなったのと同じことになります。
この資金を如何に、日本に送金するかは、日本経済の発展に寄与できますよね。

企業育成資金は、この仕組で生み出された資金を日本に送金する案件です。

需要なポイントは、「譲渡可能なクレジット」という仕組みです。
これがある意味、信用創造による通貨発行の仕組みですね。

企業育成機構
MSA総合研究所より