実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

新しい資本主義⇒「所得倍増計画」は、いつでも実現できる。その答えは、天皇家に任命された資金者に申請するだけで問題解決します。


新しい資本主義⇒「所得倍増計画」は、いつでも実現できる。その答えは、天皇家に任命された資金者に申請するだけで問題解決します。

所得倍増計画」何故できたか?

それは、昭和の時代は、それを可能にした制度は、当時は、基幹産業育成資金の制度をつかったことである。

これが、答えです。

米国が日本に準備している平和活動資金から資金者経由で日本の条件を満たした経済人に資金を提供したのが、370件もおこなったことが日本経済を引き上げたと言えます。

この制度は、まだ30年近く残存期間があり、残っています。この制度をしっかり活用すれば、正直、今でも所得倍増計画は実現できます。

答えはそれだけです。

つまり、所得倍増計画は、天皇家から任命されている資金者には、実現できる権限はありますが、国会議員には、その権限は与えられていませんので、政府側の審議では、実現は難しいと言えます。

これは、日本政府と切り離して独立した資金としての管理体制を、天皇家に任命された資金者が行っています。

要は、民間の条件を満たした経済人が、資金者に対して、日本の平和維持活動資金から資金調達したいと言わな限り、資金は動きません。逆に、条件を満たした多くの方が、声を上げて、「資金者」に対して、資金を申請したいといえば、「資金者」は、資金を準備して、資金提供されます。

それが、本当の所得倍増計画を実現させます。

非常にシンプルな話です。それに協力した仲間も当然、大きな資金を活用するチャンスはあると言えます。