実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

今週は、九州出張中につき、やはり、地方からはじまる道州制度は、企業育成資金の財源を活用するのが一番だと考えている。

今週は、九州出張中につき、やはり、地方からはじまる道州制度は、企業育成資金の財源を活用するのが一番だと考えている。

 

筆者は、今週は九州出張中につき、更新回数は減りますが、時間を見てブログを更新したいと考えています。

 

コロナが流行してから、殆ど移動していませんでしたが、10月11日より外国人観光客の入国制限もなくすといいう政府方針ですので、筆者もあちらこちらと移動をして、情報収集を行っていきたいと考えています。

 

筆者の考え方は、企業育成資金の仕組みを使って、道州制度を実現したいと考えています。地方経済の底上げが重要だと考えています。

 

自らも動くことで、この案件の普及に努めたいと思っています。