【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

信用金庫について

企業育成資金の信用金庫の条件について説明させていただきます。

 

基本的には預金高3000億円以上という希望はありますが地方都市などで人口が少ない場所では預金高3000億円というハードルを決めるとクリアできない地域が多数あります。

 

そのために最低条件というところでのお話をいえば信用金庫の場合は預金高1500億円以上であれば相談可能ということになりました。

 

この条件ですと多くの地方の信用金庫が条件をクリアすることができると思います。

 

基本的にはこの案件も企業の資産価値というところが重要になりますので例えば1500億円以上の預金高があるということは自己資本率を8%とすれば100億円以上の資産があるという計算になります。

 

重要なポイントは企業としての価値がどこまであるかということが企業育成資金を動かすためのクレジットラインの設定になりますのであまりにも小さいところはどうしようもないというのがあります。

 

ギリギリのラインということを考えればいいんだかが1500億円以上あるということは自己資本が100億円をクリアするということになりますので相談可能ということになります。

 

よって非常に日本も厳しい状況にありますのでこのような状況の中で何とか多くの企業を救済していかなければいけないということで緩和策を行っております。

 

金融機関の人ならば分かると思いますが中央銀行がデジタル通貨をすれば現行の必要性というものが今後どこまで必要なのかということが非常に問題になります。

 

つまり量子コンピューターによるデジタル通貨完了すれば銀行口座という物の価値が今後なくなっていくといえます。

 

これはどういうことかといえば完全に銀行が消滅していくということが言えます。

 

これらのことを考えても今企業育成資金の仕組みを活用して大きな資金調達をすることによって今後の事業転換をスムーズに行えるようにすることは経営者の経営理念として非常に重要なポイントになるかと思います。

 

日射もデジタル通貨の世界に多少関係はしていますので感じることは超高速の量子コンピューターがあれば正直銀行必要ありません。

 

それがコンピューター上で中央銀行のサーバー上のウォレットに資金を保管すれば銀行業務というのは1曲に集中して全てが行えるということになります。

 

マネタリーシステムの大きな転換期について真剣に考え今後の展開を考えなければ金融機関どこに銀行や信用金庫を全ての預金を預かる金融機関は存続いいがなくなるということが起こります。

 

つまりこれはカセットテープが世の中からなくなったのと同じことです。

 

コンピューターによってすべてが管理できる時代になればそれぞれのアナログ的管理というものは必要なくなります。

 

よってこのような大きな変革期には真剣に考えて金融機関も企業育成資金を活用して新しい業種への転換をしていくことが重要だと思います。

 

信用金庫に関しても預金高1500億円以上というところから企業育成資金が提供できるというチャンスは長くは続かないかと思われますのでできる限り早い目にこの制度を活用して事業転換ができる財源を確保することはお勧めします。

 

追記としては信用金庫の場合は預金高の2倍から3倍ということになっています。

これが提供される金額で免税免責免訴 返還不要の資金ということになります。

この話をすると怖がる人が多いのですがだれも噛み付くような人いませんから安心して行なってください。

********************

 

【イベント案内】 筆者が中心となりゼミの講師をします。

 

誰でも参加できる年金・給料みたいな欧州PPPプラットフォーム 勉強会「誰も教えないお金の大学校 個別ゼミ」参加者募集 随時開催中 参加費用無料 3時間程度 

 

募集人数 1日 1組3人まで (ノートパソコン、スマートフォン、パスポートと運転免許証(住所確認できるもの)をご持参ください) ※パソコンとスマートフォンの使い方を教えます。※仲介者募集でなく、実際に参加したいという方対象です。

 

数十万からスタートできます。500%以上期待できます。

 

場所 東京都港区麻布十番大江戸線南北線麻布十番駅最寄り駅)詳細の場所は、申込時に連絡します。

 

興味のある方は、メールでご連絡ください。  

 

msasouken@gmail.com TEL 03-6820-0086

 

**********************

 

MSA総合研究所が取り扱っているPPPについては

 

※大口の案件 (通年募集をしています。各クラブにご案内します) 

 

1,企業育成資金、(東証プライム100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円 代表権者)(国内案件)

 

2,割引株、(国内案件)30億

 

3,割引ゴールドブリッジ取引、(400Kg)(国内案件)

 

*****************************

 

 

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。