【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

通貨の歴史を研究すれば、最終戦争のキーワードが見えてくる。

通貨の歴史を研究すれば、最終戦争のキーワードが見えてくる。

 

通貨の歴史を研究すると、非常に複雑な過去の歴史が関係していることが伺えます。米ドルの裏付けの担保口座の資産は、アジア王族グループの資産であり、多くは中国歴代王朝の資産も含まれているということになります。

 

つまり、歴史的資産の資料などを見ると、チンギスハンの時代からの王朝資産ということであるが、チンギスハンというのは、日本でもよく知られたモンゴルの英雄とでも言える人物であり、元寇として、日本に襲来したことがあることでも知られている。

 

当時は、ユーラシア大陸のほとんどを支配していた王朝ということになります。さて、その時代からの富が存在していたということであるが、1950年頃、台湾の蒋介石のグループが、紫禁城などにあった資産を持ち出したということで、台湾経由で運び出されたことは、一部の歴史的な事実として知られています。

 

つまり、台湾問題というのは、ただ、中国の福建省の沖に存在する島の問題とも言えない理由は、台湾経由で持ち出された中国王朝の資産ということが、関係しています。つまり、現在もなお、歴史的資産という世界は、基軸通貨の裏付け資産として活用されている歴史があり、それを支援しているのが、かつての王族ファミリーということになります。

 

これらの歴史的なことは、ほとんど知られていませんが、マニアックな銀行の歴史を知っているものであれば、これらのことを知るものがいるかも知れません。

 

また、日本銀行における歴史的資産ということを言えば、これも、明治時代以降、明治新政府が資産があったのか?それは、なかったと言えます。日本が豊かになり始めたのは、1894年の日清戦争における下関条約における賠償金が実は、日本を豊かにしたきっかけをつくり、その後、日本は、中国における民主化を支援する名目で、漢民族出身の孫文を支援することで、少数民族の支配から漢民族の開放を支援したと言えます。また、その後の中華人民共和国創立者メンバーの多くは、東京などに留学していた日本留学メンバーであったことからも、中国の漢民族の独立をテーマに日本は支援をして、中国における日本における影響力を強めようとした歴史があります。そのことが、現在も日本における侵略戦争であったということを言われるのですが、結論から言えば、中国の王朝資産などのゴールド資産とかなり関係があったとされています。

 

これは、歴史的事実として、一部では語られていますが、そのことについては、歴史の中で隠蔽されるべき事として、語られていませんが、日本が大陸で集めてきた資産について、最終的には戦争資産として米国に差し押さえられたということになり、その資産の多くは、中国の歴代王朝と関係していたと言えるのです。

 

筆者は、最終的なことを言えば、中国王朝と日本(日本円)、連邦制度(米ドル)は、歴史的な資産ということを考えれば、関連性は否定できません。

 

このようなことを理解しなければ、今起こっている問題、これかれら起こり得る可能性のある極東アジアにおける戦後処理といえる問題について理解できないという事になります。

 

台湾有事等と日本では話題になっていますが、台湾有事の根源は、なんであるか?ある意味、通貨戦争であり、台湾が舞台になっていますが、問題は、日本円、米ドル(連邦制度)に登録されている担保口座データーというのは、いまだ、その時代の担保力について利用しているといえることで、実は、他人事でないというのは、日本、米国も同じということになります。

 

中国にとって、一つの中国を主張していることは、台湾を取り込むことは、歴史的資産で言うところの中国王朝の資産について、自らのものであると主張したいといえるからです。

 

ただ、この問題は、この中国歴代王朝の資産というのは確かに、中国であったが、現在における漢民族における統一国家でなく、中国王朝は、少数民族である「北方系騎馬民族」が長年、中国を支配してきた歴史があるからです。

 

漢民族とっては、天敵だと思われてきた北方系民族であり、古くは、彼らの来襲を嫌い、万里の長城を建設して、北方民族が来襲しないように、防御していた歴史的事実について知られています。

 

つまり、北方系騎馬民族の流れを引き継ぐのが、実は、日本にも関係する「八咫烏」の世界、つまり、満州から半島地域に国家を建設していた高句麗が関係しています。高句麗の最後の王は、666年に日本に逃れ、今で言う埼玉県飯能市のあたりに村をつくったことは知られています。

 

高麗(コマ)神社という神社がありますが、その名残です。

 

日本の天皇家ももともと国譲りの世界は、出雲族と伊勢といわれていますが、同族であったということで、結論から言えば、多くは渡来人が日本に集まり、建国した国家であったと言えます。日本における八咫烏の世界は、秦氏(はたし)という渡来人による神社の伝承といえます。つまり、元祖、北方民族系騎馬民族の流れを引き継いだ人たちの末裔は、国が滅ぶび、日本に逃げて来た人たちであるということがいえ、その渡来人文化が、日本の神社文化として根付いていることが言えます。

 

これらの歴史的なことを考えても、日本人の多くは故郷を追われて、逃げてきた人たちが集まる聖地であり、安住の地を求めた国であったのかもしれません。



それらの歴史的な事を考えていくと、これらの歴史的資産と言われるヒストリックアセットは、どこの国家のものか?ということが出来ず、民族の移動として出来た産物であると言えるのです。

 

この所有権についての主張というものは難しく、そうなれば、世界は、うまく行けば、共同利用という恩恵を享受することが地域の和平には重要なことになります。

 

つまり、歴史は、いつまで遡って、その世界が誰のものであったか?と主張すると。最後は、戦争を起こし、所有権を主張することになります。

 

人類は、賢い選択ができるか?出来ないかは歴史的認識ということが大切になります。

 

2000年以上前に存在してたユダヤ人の国家、イスラエルが建国したことが第二次世界大戦後、話題になり、そのことが原因で、地域紛争が絶えないということになっていますが、それらのことを考えても、誰のものであると限定すると民族紛争の原因になります。

 

実はそれを考えれば、極東アジア地域の抱える問題も同じことが言えます。この民族問題といえるこの問題の解決をするには、最終的には、共同協調以外、道がないと言えると筆者は考えています。歴史を時代で区切って、判断すると戦争以外道がありません。

 

人類が正しい判断ができるでしょうか?

今後、数年以内に戦争が起きれば、人類はまだ学習がたらないという神の判断でしょう。もし、共同協調の世界ができれば、極東アジアの和平が実現でき、世界の通貨問題は解決します。

 

ガイアの理論でもこの地域にすべてのエネルギーが集まります。




 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。