MSA資金とは、簡単に説明すれば、通貨発行権を行使するための制度です。

MSA資金を単純にどんな案件かといえば、

MSA資金は、海外で簿外で外貨運用された資金があるので、その資金を日本国内で流通させよう! という案件です。

その案件に参加できる人は、日本の重要産業企業の代表権者個人 に限定しています。

 

 

また、この案件を行うために協力してくれた仲介者には、主催者側から謝礼として仲介料が支払われます。

当然、対象者も仲介者も参加するには現金の請求などされることありません。

 

つなぐには人の関係をつくることと、また、説明するための労力は必要ですが、それ以外なにか、必要なことがあるかといえば、特にありません。

 

ある意味、いい案件です。

 

MSA総合研究所では、MSA資金について正しい知識を享受して、MSA資金に関する案件の業務の質の向上を目指しています。

 

この案件に対してあまりにも、詳しい情報がなかったことで、ほんと、風のうわさ程度の話で、無理やり話を作って、伝達しているケースを見ますので、法的な部分、また、これは、通貨発行権を行使するという基本的概念を理解することが一番重要です。

 

もっと言うならば、日本が持続発展可能な資本主義社会を作るための資金として、資本家に資金を無償提供し、労働者階級に広く資金を分け与えることで、国民全体の生活の向上につながります。

 

なんどもいいますが、MSA資金の理解なくして日本の将来の改善はあり得ないといっても過言でなありません。そのことについて、訴えるために組織したのが、MSA総合研究所としてのシンクタンクとしての活動です。