「償還制度」を米国に直談判し作り上げた4人の日本人の男の物語

日本の償還制度が始まった歴史について、簡単に話をしたいと思います。日本の復興財源といわれていますが、なぜその制度がはじまったのでしょう。何もなしに始まることはありません。日本の復興財源獲得のために動いた日本人がいました。4名の日本人、天皇家に近い関係の方だと聞いています。

 

日本は、第二次世界大戦で敗戦し、日本全国主要都市のほとんどが、空襲により焼け野原になり、戦後復興を成し遂げたいとおもっても食糧難と資金難で国はどうしようもない状態でした。進駐軍GHQ)の管理下に置かれた日本は、当時は政府といっても力がなく、GHQの手助けなくして復興できない状況でした。

 

4人の日本人がたちあがり、当時の国連軍司令官のマッカーサー元帥に対して、直談判した人物がいました。その結果、マッカーサーから、日本に助けがいるのは理解され、資金援助の話をこぎつけました。その時に条件が、「天皇陛下が保証すること」ということを言われ、その4人の男は、天皇陛下にも話をして、復興財源を得るために保証をしていただくことの承認をとりました。その後、4人の男たちは、渡米し、米国のワシントンにある国務省と話をして、米国から資金を調達することができました。米ドルにて調達した資金を、直ちに、当時の日銀総裁に連絡し、換金し、日本円で数兆円規模の小切手を発行したそうです。日銀が発行した小切手は、1枚当たりの額面が大きすぎるということで、当時の第一勧業銀行にて、1枚の額面5000憶円の小切手を発行し、日本の基幹産業の経営者に配ったことが、この基幹産業の企業への援助のスタートでした。

 

自動車メーカーのT社・家電のM社・鉄鋼のN社・電鉄グループのT社など、基幹産業企業の社長に小切手を配り、日本の産業の立て直しをする財源にしたことがきっかけでした。その後は、米国の世界銀行からの融資という形でプロジェクト資金が提供され、MSA協定における経済援助資金特別会計法における補助金制度により、長期借入に対して、長期運用をして補助金として資金を返済する形で、基幹産業の企業援助をおこないました。現在では、中期運用であるPPP運用により、1年から1年半の運用で資金を償還する形で、大型の資金提供を行っています。

 

すなわち、日本の奇跡の戦後復興といわれた影で、命を懸けて当時の進駐軍GHQ司令官と直談判した人物がいたことは、あまり歴史的に知られていません。なんとか、「日本国民の飢えと、経済的援助を勝ち取るために」敵国であった米国に頼み込み、日本の危機を救った人物がいたことで、今日の日本があるということは忘れてはいけない歴史の事実です。

 

当然、そのような直談判を申し出たときには、4人の日本人の男たちは、命を懸けて話をしたでしょう。

戦争によって多くの犠牲者が出た中で、敵国であった国からの援助により日本が何とか救われたという事実は、多く語られなかったのは、当時の国民感情から、反感がでることを察し、秘密にしたのでしょう。当時の記録には、この援助は、宮内庁にも話をするなということを話していたいという逸話も残っています。しかし、大きな援助を米国が日本にしていたことで、1954年、日米相互防衛援助協定(MSA協定)を結んだ際に、米国からの援助を法的に認めさすための国際協定をむすびました。実際には、終戦後からスタートしていた援助でしたが、GHQの管理下にあった日本は、アメリカから資金を借りるということで、資金と食料調達をしていました。その後、1951年にサンフランシスコ条約に日本が加入し、1952年に世界銀行IMFに日本が加入してからは、資金は、世界銀行からの借り入れをして復興財源しました。日本は敗戦後、食料と復興財源の必要性が急務であったことから、日米間の国際協定を結ぶことなく、人道的援助が優先で、米国から支援を得ることに日本は、成功していました。その結果、日本の基幹産業企業の立て直しが急ピッチで行われました。同時に食糧難に対しても米国から大量の小麦の援助を受けたことで、日本のパン食が根付いていきました。

 

米国からの援助を勝ち取っり復興財源を作り上げた4人の日本人の男の話を説明しました。