【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

(重要)企業育成資金の小口案件と大口案件についての解説・・・プロの育成資金コンサルタントの養成講座

企業育成資金に関して言えば、小口案件と大口案件が存在します。

小口案件の育成資金の案件とは、東証一部 資本金50億円から資本金100億円までの製造業企業を対象にした資金提供の案件になります。
厳密に言えば、資本金が50億円前後企業ということになりますので、それより少し少なくてもバリバリ工場をもって製造をおこなている企業の場合ですと対象企業になります。

小口の育成資金は、資金実行までに基本的に時間がかかります。
申請をおこなってから、3ヶ月かかることに同意いただけるなら、資金処理をするスタンスになります。大口の資金と違い申請のプロセスが違うために3ヶ月目に実行されることが了承いただけるならば、資本金✕10倍程度、実際には、精算処理がありますので、6倍程度の資金が調達できます。

当然、対象になるのは、代表権のある社員(代表取締役)になります。
例えば、資本金70億円程度の企業ですと、約500億円の資金調達が可能という計算になります。目安ですので、実際に案件に参加された場合には、詳細の説明があるかと思います。

小口案件の場合、製造業か、基幹産業でなければ、審査に通ることはまずありません。時間がかけても、どうしてもコロナ不況を乗り切るために資金調達が必要と考えている企業経営者は、小口案件より資金調達を計画するのもいいかと思います。

大口の案件と言われる東証一部で資本金100億円以上の製造業企業及びその他企業を対象にした企業育成資金の案件は、これは、資本金✕100倍の規模の資金を提供する案件になります。資本金が100億円前後で小さい場合には、製造業でなければ承認されないことがありますが、資本金が200億円を超えてくると、広い業種で対応可能になります。

大口の案件には、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表者を対象にした案件もあります。金融機関の場合は、非上場でも可能です。預金高の3倍以上の資金提供が可能になります。

大口案件に関しては、申請から資金投入まで最短3日、通常1週間で完了します。

プロの育成資金コンサルタントの養成講座で、小口案件と大口案件の育成資金についての説明をしました。
小口案件は、申請から資金投入まで3ヶ月かかると思ってください。これを待つことができるようでしたら、参加したら良いのかと思います。急かさないこと、資金者の指示に従い、3ヶ月待つことができる人のみ、小口案件に参加することができます。

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。