実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成機構の設立に歓迎する声。

企業育成機構の立ち上げについて、歓迎する声を頂いています。MSAという単語を検索すると、これは、例の資金ですが、と言われるので、企業育成機構というネームですと、イメージが改善できます。

とある支部から声がありました。確かに、現在一本化してしまったので、MSAは、過去のものですから、もう熱く語る必要のないものです。ですから、MSA総合研究所は、いつの間にか、マーケティング ソリューション アソシエイション 総合研究所 という意味で、MSAとしました。経営問題解決機構・・・としてのシンクタンクですね。

理由はなんでもいいのですが、経営問題解決を目指す集合体ということになります。MSAは、はい、たしかに経営の問題解決の問題は、現金あればすぐに問題解決できます。赤字でも資金があれば会社は潰れません。

企業育成機構については、これから積極的に立ち上げていきますが、企業育成資金のファンクラブについては、企業育成機構ということにします。ですから、多くの方が、この資金についてなにかに吸引されていますので、その資金のファンクラブがあっていいのです。それが、企業育成機構になります。そして、全国にアメーバー的に小さいグループをつくっていますので、それが企業育成機構の○○支部として小さい集合体になります。

これは、小さい集合体の集まりであります。
全国に何十万人もこの資金について興味を持っている人がいるという噂がありますが、実際には、どれくらいるのか知りませんが、企業育成資金のファンクラブがあって、それにこのコンテンツは支えられているのです。

正直、ネットワークを形成して間違った情報が回らないことが、企業育成資金の評価を高めることに繋がります。それを考えれば、全国にあるアメーバー的なネットワークを企業育成機構がつなぐことで、確実に情報がつながることになります。

いずれにしろ、令和の所得倍増計画、資本主義社会における日本の地位の向上をするには、企業育成資金の制度を理解した組織、企業育成機構の存在が重要になります。

筆者は、情報を提示するためのブログは、シンクタンクとしては、MSA総合研究所は、継続しておこないます。企業育成資金のファンクラブは、企業育成機構が担うことになります。

MSA総合研究所より