実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

MSA総研より日本向けティアシート(書面)のみのPPP導入について

□MSA総研より日本向けティアシート(書面)のみのPPP導入について

MSA総研では、日本向けのPPPプログラムの導入ということで、英国プラットフォーム、英国ユダヤ金融資本、英国国際弁護士とのチームを組み、USD以上100万ドル以上か、100万ユーロ以上の資金者に対して、PPPへの案内を行っております。PPPというのは、FRBの認可を受けて行う制度であり、FRBのPPP資金者としての許可を取得して初めて、PPPにエントリーできる仕組みになっています。

よって、登竜門としては、FRBのPPP資金者としてのライセンスを取得する必要があります。

MSA総研では、英国金融で行われている特権金融についてのご案内を可能にしております。MSA総研のプロジェクトして、日本からFRBのPPP資金者のライセンスを取得する資金者を100名、生み出すプロジェクトを行っています。

PPPについ手の教育プログラムを実施
PPPの参加条件を満たしている資金者に対して、FRBの認可を取得する面談、コンプラチェックを受けていただく
PPPの資金者ライセンスが取得できれば
MSA総研のチームの英国PPPプラットフォームでPPPを行うモデルです。これは、ティアシート(残高証明書と書面)だけでKYC(申請書類)を通して、日本の銀行からSwift MT799のメッセージを打電することなく、ティアシート(書面)のみで行う行う仕組みになります。

MSA総研では、体験型の教育システムを導入しています。


誰も教えないお金の大学校
企業育成機構@MSA総合研究所より