PPP運用で成り立つMSA資金の真実を知ることが日本の成長戦略を簡単に作り出す手段である

MSA資金の謎について、解説してきましたが、結論として、アメリカで行われていた民間財源を活用した資本主義経済をつくりあげるための資本提供モデルに便乗した形で、日本では、MSA資金の提供、すなわち、償還制度が行われたことになります。

 

MSA資金は、米国の提案により産業支援を行う形で、産業に対して資金提供がなされました。MSA協定のは、国会討論の文章を読むと、MSA資金の保管先は、日本銀行アメリカの口座を持つことで行われると記載がありました。米ドルでの資金提供がなされたとなっています。無償援助の資金をどのように捻出したかは、米国で行われていたPPP運用により資金が捻出されたことになります。

 

償還金について話す人物の多くは、日本のゴールドが運用された資金が秘密裏にあるということを話をしますが、アメリカにおいて、1944年に世界銀行IMF FRB BISが設立されその際に、金をもとに資金をつくり証券市場で運用することが決定されました。前回のブログでも記載しましたが、ゴールド1オンスあたり、35ドルで資金を作り米ドルで運用したと言うことです。そのゴールのなかに日本のゴールドも多く含まれていたということで、日本のゴールドによる運用された機密資金と言われるようになったのでしょう。日本は、戦後の食糧難で、米国に対して食料援助を求めた経緯がありました。その当時、米国では大量に小麦が生産されて小麦が余っていたこともあり、日本に小麦の援助をおこないました。これは、日本の学校給食でパン食になるきっかけになりました。小麦の日本での売上金を日本円で積立たものを産業援助と警察予備隊、いまの自衛隊、及び、米軍の駐留軍の基地建設費用または備品の購入費に当てることが決まりました。これが、この話の話題になる「日米相互防衛援助協定」すなわち、MSA協定の話になります。この償還制度の歴史は、日本側だけで見れば、なにか日本がアメリカとこそこそ、機密資金をつくってやっているように見えますが、アメリカでは、1929年のおこった世界恐慌以降の経済政策における民間財源の活用ということではじまったPPP運用の歴史であったことが言えます。

 

PPP運用という概念が米国であったから、日本の償還制度が生まれたといえます。日本の償還制度でなぜ米国が関係しているのか?という疑問を言う人も多いかと思いますが、結論を言えば、アメリカで以前から行っていたPPP運用制度を、日本まで枠を広げて活用したといえば理解ができるかと思います。

 

日本の戦後復興における償還制度による産業支援制度により日本でも多数の大型プロジェクトが実行されました。これは、世界銀行と31のプロジェクトということをインターネットで紹介されています。資金は、世界銀行がプロジェクトに貸付、その後、PPP運用により資金を償還する。その制度を、当時の日本の法律では、産業支援資金特別会計法により行われていたことが理解できます。同時に農業支援に関する法律もありました。しかし、1968年をもってこの法律も廃止されています。理由は、1966年までに多額の公共投資に資金提供されたなかに政治とカネの問題があり、それを理由に停止されました。当時は、所得倍増計画を行っていた時期で、高度成長期で日本は湧き上がっていた時期です。

すなわち、外貨(米ドル)による日本への援助が日本の外貨準備高を強化し、自国通貨を大量に発行できた時代でした。それまでは、米国の制度を活用し、日本政府主導で、産業支援してきたのですが、それ以降は、日本政府が表に立ち産業支援する制度は、終了しました。

その後は、形を変え、産業支援を行うようになりました。1971年、ゴールドを裏付けとして資金運用して通貨を増やすことを行っていましたが、資本主義経済の拡大により現物により通過流通量ができなくなりました。そのために制度を刷新し、銀行間の割引債の売買による収益を持って、市場に資金を提供することに変更されました。

 

日本の償還制度は、かつて言われていた金の運用による資金提供の話は終了しました。しかし、その事実は、詳しく伝えることもなく、伝説としていまでもその話を語る人物がいるのが、この償還制度(MSA資金の提供)が奇怪な話に思われる所以ではないでしょうか?

 

現在行われていることは、銀行券の割引債のトレードによる収益で、欧州およびアジアの世界的な銀行で行われています。二五行の銀行が参加しているということを書かれている英文を読んだことがあります。

 

そのトレードに関しては、専門の資格を持ったトレーダーにより行われています。しかし、残念ながら日本の銀行では行われていません。そのために欧州市場で運用されています。

 

PPP運用についての解説などを読めば、2012年以前は、一部の資本家のみに提供されていた投資案件であったのですが、2012年以降は、広く公募されるようなったということです。欧州に行けばどこでもPPP運用に参加できるかといえば、そうではないようですが、1億ドル以上の残高証明が提出することができ、PPP運用の代理人を通し、専門の資格をもったPPP運用の資格をもったトレーダーとアクセスをし、投資プログラムを決定するというプロセスで行われているとのことです。

 

すなわち、日本では馴染みが薄いですが、海外の超富裕者層には知られた運用ということになります。日本の償還制度といわれる産業支援における資金提供においてもPPPの運用益を活用しています。すなわち、PPP運用益は、世界の資本主義経済をつくるための財源であり、通貨発行権としての意味をなしています。

 

筆者も今から12年前ある人の話がきっかけで通貨発行権について興味を持ちました。当時は、「お金がないなら刷りなさい」という話をしていました。お金がないなら刷ればいいということですが、通貨は国際ルールで発行する方法が決まっています。そのために、自由に勝手に通貨流通量を増やすことができません。それでは、どうすれば、通貨を発行していいのか?それは、外貨準備高が関係しています。

外貨を持てば、それに対して自国通貨を発行できることになります。

日本は、戦後復興は、加工貿易で外貨を稼ぎ、そして、現在は、外国人観光客を誘致して、インバウンドで、外貨を稼ごうとしています。

 

しかし、究極の外貨を稼ぐ手段は、国際金融による外貨トレードが一瞬にして多額の金額を動かすことがで、外貨を調達する事ができます。すなわち、お金を投資して、お金の貿易をすることです。

 

それが、まさに欧州やアジアの一部の銀行の銀行券の割引債のトレードによる外貨収益になります。

この外貨収益は、膨大な資金を作ることができますが、使用方法に限定があります。民間に対する社会投資をすることです。よって、PPPの運用益を享受できるのは、直接的には民間になっています。日本の償還制度でも民間に資金を提供し、そして、政府の使用枠などがあるというなっているのは、PPP運用益は、民間財源であることから民間に直接提供されます。その後の使用方法には自由裁量により行われることにより、資金を受託した人が寄付する形で、公的な組織でも活用できるようになります。

 

当然、PPP運用された資金は、日本に海外送金される際には、多額の送金を行うこと、また、外貨送金データーをうけ、日本円を多額に必要とすることもあり、日本の金融監督省庁や、銀行券の発行銀行である日本銀行にも通知されます。

この償還制度は、省庁でも関係しているという理由の一つに、PPP運用された資金を送金する際に、省庁の許可が必要になります。特殊な大型送金になるため特に厳しい金融規制が関係しています。

 

ある意味、その資金を円滑に動かすには、国際的な金融監視期間や国内の金融監督省庁の許可なくして実現できません。その作業を円滑におこなうために組織された仕組みがあります。それが、MSA資金の資金提供を行っている組織の構図になります。PPP運用に関しては、G8で決定されたということ、現在は、G20でも関係しているようです。そのために外務省も関係省庁になります。世界的に通貨を生み出す種は、どこにあるかは、まさに銀行券の割引債のトレードによる収益(外貨収益 ドルおよびユーロ)になり、それを日本に送金して、日本円の両替して、通貨を増やすことで日本国内の通貨流通量を国債を発行しないで通貨を増やすことができる手法になります。

 

MSA資金について否定的な考えを持つことは、日本は、通貨発行権を放棄しているのと同じです。それでは、成長戦略などいくら考えても生まれないでしょう。

MSA資金の提供をする案件というものは、すなわち、通貨発行権になります。

また、財テクで普通の運用をして収益を得たいと考えている大企業の経営者は、PPP運用された巨額資金を提供され、おまけに、PPP運用用の財源まですべて提供され、資金を受託人は、多額な資金を自由に使え、政府および国民生活が豊かになる財源になることを考えれば、この案件の素晴らしさが理解できると思います。

 

なぜ、PPP運用がこのようなことができるかは、答えは、1投資したものが、10ヶ月で5倍以上になってリターンするからです。すなわち、1の基礎財源を確保すれば、10ヶ月間で4の資金を使っても、また、5倍になって戻ってくるというマジックのような金融です。

1が5以上になる不思議な投資があるからこそ、実現できる世界経済の発展です。

現状を言えば、日本は世界の波から完全に乗り遅れています。国民が、MSA資金の本当の意味を知らず、否定的な態度をとっているから、日本国民が貧困になっていっているのです。自分で自分の首を絞めるというのはまさに、今の日本の国際金融に対する知識不足からくる悲劇です。

その状況を打破するためにもこのブログでは情報を提供しています。

日本経済復活には、世界の通貨発行に関する制度を理解すれば日本は世界一の経済大国になれる仕組みは、存在している。

MSA資金については、どこにあるか?財源は?ということを話していくと、一つの結論に到着する。PPP(プライベート・プレースメント・プログラム)が米国で行われていたことで、その制度にアメリカの提案で日本が乗っかり、米国からの産業支援を受けることになったというのが正解です。

 

PPPの考え方は、1929年10月に世界恐慌が行った。ニューヨークの証券市場で突如株の暴落が始まり、その後、世界的な経済不況に落ちいた。その結果、経済不況からの脱却をするために、アメリカでは、ニューディール政策が行われ、テムズ川のダムの建設などが行われた。その際に、財源は、民間からの投資も含めて行われた。それがPPPの制度のスタート時期でした。すなわち、民間投資をして、その投資により経済を刺激をする。元本保証で投資者が損することなく投資できる環境を与え、そして、経済復興を行うという手法が用いられました。その後、1944年にアメリカで第二次世界大戦後の世界経済をどうするかということを決め、世界銀行IMF、BIS,FRBが生まれ、ドルの基軸通貨を推し進めました。すなわち、ドルを世界に普及させることで、現地通貨も外貨を持つことで発行できるという制度を普及させました。ドルの信用を高めるために大量のゴールドを用いました。

 

1950年当時、1オンスのゴールに対して35ドルで現金化して、その後、運用しながら資金を増やしていきました。ドルは、ゴールドの裏付けをもって運用しながら通貨を発行していきました。ゴールドの価値は、何十倍にもなりましたが、世界経済が大きくなるにつれてゴールドの現物だけで資金運用をしても発行できる通貨に限界があるということで、1971年、アメリカのニクソン大統領の提唱により、G8で、ゴールドにおける運用によるドルの運用を止め、今後は、通貨の発行に関しては、民間投資による銀行間の銀行券の割引債のトレードにおける収益を民間の財源として資金提供することになりました。すなわち、現在におけるPPP投資における財源は、ヨーロッパおよびアジアの主要銀行による銀行券の割引債の運用益を民間投資の財源にしました。大口の個人投資家のみ購入できる投資案件として現在も発展を遂げています。当然、銀行券の割引債のトレードですので、現物がありません。現物は、銀行の信用ということになりますが、現物がないということは、数字的には無限大に資金を増やして売買をすることができます。すなわち、銀行券の割引債の収益も天文学的数字まで増やすことできます。しかし、ただ、天文学的な数字に資金を増やしても通貨としての価値をなさないため、投資者は、PPP運用でえた収益の半分は、社会インフラの整備のためにエンジェル投資(無償で資金提供)することが求められます。投資先に投資をして初めて資金の半数を自己利用のために使える制度になっています。そのために、世界中にPPP運用された資金を世界の事業者にエンジェル投資をおこなっているのが、現状です。日本では、MSA資金や、償還制度などといい、企業の経営者に資金提供がされますが、それもある意味エンジェル投資になります。半数を第三者にエンジェル投資をすることで、投資者は、必要な財源が確保できる仕組みになっていることから、エンジェル投資をする先がなければ資金は、PPPの運用市場でシステム的に運用されて資金として数字だけ膨大になっていくが、現実に使える資金として存在していないままになります。

PPP運用の資金は、日本は膨大に使用するための財源は確保できていますが、問題は、自国の企業家にエンジェル投資する先がなく、資金を欧州の金融市場から動かせていないというのが現実の話になります。ある意味、PPP運用をおこなっている資金のエンジェル投資する先は、日本の企業と限定していませんので、外国の企業が手をあげれば、外国に資金が流れます。この制度は、世界的な通貨発行権の基礎財源になっています。

世界経済は、持続的発展を続けられる一番の理由は、PPP運用された資金のエンジェル投資、すなわち、資金のシェアが積極的におこなわれている地域に大きな資金が動きます。それを実現するには、その国の銀行、そして、その国の外貨規制などの制度に関係しています。日本は制度的には恵まれています。なぜならば、欧州、米国と日本は、無制限、無期限の通貨スワップ協定を結んでいます。PPPの運用益をエンジェル投資できる立場の企業家(東証一部、銀行、信用金庫の代表権者:MSA資金の受託可能な個人)が同意すれば、日本には、天文学的な金額で運用されているPPP運用の財源にアクセスすることができ、そこから資金を送金することができます。

すなわち、通貨発行権のもとになる外貨運用財源から日本に送金し、日本円に両替して、資金を活用することができます。

 

世界経済の拡大している仕組みが理解できれば、活用しない手はありません。MSA資金の存在がどうかなど言われる方も多いかと思いますが、日本国内の資金ではなく、海外の銀行間で行われているPPP運用の財源であります。これを積極的に活用することが日本の戦略的経済政策にとって重要です。

 

MSA資金は、国際金融における壮大な話である。

財政法第44条、長期管理権委譲渡資金の謎ということを書いてきましたが、結局、話は、国際金融の話になってきました。財政法第44条、45条については、MSA資金の収益を雑収入として財源に入れることができることを話していますが、これが、MSA資金の原資になっている話ではありません。また、長期管理権委譲渡資金とは、すなわち、銀行が顧客から資金を預かるのとおなじように寄託契約の話です。それも、資金源には関係ない話です。

 

結論から言えば、MSA資金の謎を追求していけば、欧州などの銀行で提供されている銀行券の割引債の運用「PPP運用」による運用益が證券マネーとして存在している話です。

 

すなわち、現金として、日本の省庁のなかに秘密裏に保管されている資金ではありません。

特別会計について、国会質疑があり、調査したこと「霞が関埋蔵金」も結局は、財政投融資をされている特別会計の積立金は、存在するが、それ以外の埋蔵金は見つからなかったという報告になっています。

 

それは、当然のことで、省庁が特別会計の積立金以外で運用している事実はありません。

 

MSA資金のことを、「国家予算外資金」などを言われており、第三の財源ともいわれているので、省庁が秘密裏に管理している簿外資金か?という謎が深まりますが、結論は、省庁が直接管理している資金では全くありません。

 

財務省のホームページや財務局のホームページでは、関係省庁や役所から資金がでるという話は、存在しないので虚偽ですと書いています。それは正解です。

財務省も財務局も、MSA資金を管理する立場でも運用して資金提供をする組織ではありません。ある意味、この制度を理解していない方の適当な説明で、迷惑をしているのでそれを訴えているのでしょう。

 

一体、日本の重要産業企業の代表権者個人に提供される巨額資金はどこにあるのか?の謎は、答えは、日本にもなく、どこかに現金も存在しないということになります。すなわち、銀行券の割引債の売買を行う際に発生するPPP運用益が、現在は原資になっています。PPP運用された運用益というのは、證券マネーであり、現実的には、キャッシュマネーとしてどこかに隠された資金ではなく、證券マネーとしてデーター上で存在しているだけの資金で、だれもが手を付ける事ができない資金です。

 

しかし、その資金を使える資金として動かすには、運用されている証券マネーを現金化する作業が必要になります。データー上は存在する資金をいかに、現金化するにはどうしたらいいのか?それは、資金が必要だということで、海外送金します。例えば、外国の銀行から日本に送金されることで、日本の銀行は、外貨の送金データーを受け取ります。それを受けて、日本円を発行することができます。

 

国際送金では、現金を輸送するのではなく、多額の金額の場合はデーターによる資金取引を行います。日本には通貨スワップ協定が米ドル、ユーロなど主要通貨と無制限、無期限の契約が結ばれており、海外から送金データーを受け取れば、そのデーターをもとに日本円を発行することができます。

 

MSA資金は、海外で運用された證券マネーを日本に海外送金去れた際の、外貨送金データーということになります。

外貨送金が行われたことによる日本円を発行され、受託者に資金提供されます。

 

国際送金方法には、投資目的と債権者と債務者の関係での送金方法もあります。現在、国際送金は、国際ルールで監視されており、国際的監督組織、日本の監督省庁の許可なしでは実現できない案件になっています。

 

人類は、債権者と債務者、そして、債権売買、そして、外貨準備高による自国通貨の発行という一連の流れの中で資本主義経済における資金が生み出されています。

 

すなわち、日本人は遠慮深く、汗水を流してはたらかないとお金を得る事ができないということを考える文化がありますが、世界の金融では、債務者は、債権者から債務者の与信枠を基準に資金を生み出しています。すなわち、お金は数学的な数字だと考えれば、いくらでも生み出す事ができます。

 

日本を豊かにするには、簡単に言えば、国際金融における資金の生み出し方を理解することが重要になります。

 

償還制度とブローカーが話している本当の話は、国際金融における通貨発行権に関する案件であり、どこかの金持ちが資金者で、大型の資金を提供するなどの話は存在しません。

すなわち、国際的銀行が行っている銀行券の割引債が原資になっています。日本の資金管理団体は、その運用で大きな運用を行っていることが、出せる財源が巨額にあるという答えになります。

 

すなわち、国際的金融組織がなければ、MSA資金の提供はできないことになります。当然、多額の資金を提供する案件ですので、監督官庁、国際的管理組織による許可も得て行われる案件になります。

 

実は、世界的なグローバル金融でかなり増大な話になります。

お金の作り方を理解できれば、日本は一気に金持ち大国になる

基本的に、MSA資金ついての説明もかなり大詰めになってきました。1971年にG8によって決定された債権を発行することで通貨流通量を増やす方法について、世界の主要な銀行で行われていることは、前のブログにも記載しました。

 

すなわち、人がお金を必要だということを言えば、債権者と債務者が生まれます。債務者がお金を借り、債権者がお金を貸すということになります。債務者が資金調達するには、債務者の与信枠に対して資金を提供できることになります。債権者は、債務者の与信枠が大きければ大きな資金を提供でき、与信枠が小さければ、小さい資金しかお金を貸すことができません。

 

すなわち、お金を生み出すのは、債務者の与信枠が重要になります。また、債務者は、債権者から資金調達をして、債権者は、債権を外部に売却することで資金を調達することができます。

すなわち、一人の債務者があれば、お金は、2倍生まれることになります。また、債権者は、債務者に対して期間を設けて利子の設定をします。債権者は例えば、債務者に100万円を貸したとしても、1年後には、10%の利子を取れば、債権者は、110万円になって資金が返済されます。

すなわち債権は、100万円の資金を出すことで、1年後110万円の価値になるということで、1年で10万円の利益を得ることになります。PPP運用とは、債権の売買をすることです。100万円の債権を銀行が103万円で売却します。トレーダーがその債権を別の投資家に107万円で売却を即時に決めれば、107万円ー103万円=4万円の利益がすぐに確定します。銀行券の割引債の売買による収益というものは、債権による売買を行うことです。

お金の貸し借りで1の資金が2倍になり、銀行間での債権と債務の関係で発生する第三者への債権の売買での差額で利益を得るトレード、この収益が、PPP運用による収益になります。この取引は、貸出金額と返済期に返済金額は、すでに確定しているので、中間価格での売買では、相場変動を起こすことない差額での売却益であるので、売買で損になることがありません。

すなわち、絶対儲かるトレードになります。それを多額な金額で行い、レバレッジをかけることでさらいに大きな金額の取引を行うことができます。

投資者は、安全に利益を確定でき、取引回数が多ければ多いほど利益が出ます。

これは、証券市場での取引になるので、リアルな現金での取引になりません。証券市場におけるマネーであるので、現金ではなくシステム的なマネーになります。巨額な利益が出たとしても、バーチャルな世界で創造されるマネーであれば、一般市場で使うことができません。一般市場で資金を使うには、証券市場の資金を銀行に送金をして銀行で現金化する必要があります。銀行には、送金された資金データーを受けて現金化します。

 

MSA資金の提供に関しても同じことが行われています。MSA資金の資金源が、巨額に運用されているPPP運用益の資金をもとにしています。PPP運用されている資金は、証券マネーであるので、現金化していません。運用されている資金は、ドルおよびユーロで行われています。米ドル及びユーロとは、日本円とは無制限、無期限の通貨スワップ協定が結ばれています。例えば、欧州の金融市場で運用された資金を日本の銀行に向けて送金します。欧州の銀行から送金データーをうけた日本の銀行は、送金データーをもとに外貨を日本円にして現金化します。

 

そのことにより外貨の送金データーを受けたことで日本円を発行することができます。すなわち、これが日本における借金を伴わないで通貨流通量を増やす方法になります。

 

なにもないところから、通貨を増やすことができませんが、外貨送金があったという事実があれば、通貨スワップ協定に基づき、いくらでも日本円を発行することができます。ここで問題なるのが、海外でPPP運用された資金をどんどん送金すれば、簡単に通貨流通量を増やすことができるのではないかと思うのですが、そうすれば、世界はお金で氾濫してします。それを制御するために、送金規制やPPP運用益の使用用途に縛りがあります。すなわち、社会貢献事業や産業投資をするために資金を使うこと。民間活用が重視されています。

 

よって、産業界への資金を出すというルールは、世界的な通貨流通を増やす目的は、民間活用を目的としていることが原因しています。

これは、国際的に決められています。日本では産業投資に対してPPP運用益から提供されるMSA資金の制度がありますが、あまりに活用されないことで、長年運用され巨額なPPP運用益が欧州の金融市場で生まれているが、日本に送金するための理由が作れないという現状に苦しんでいます。すなわち、「償還制度」といわれる産業支援ついて資本家が拒絶反応を起こすケースがあまりに多いからです。

 

日本には、絶対につぶれない巨額資金が存在しているなどのうわさがありますが、結論から言えば、日本名義のPPP運用益が欧州の金融市場で巨額になっているが、システム上のマネーであり、現実の現金として日本には存在していないことになります。

 

日本の経済人が何をするべきかは、日本に送金するための理由をつくるために協力が必要です。産業投資をするという名目があれば、欧州の銀行から日本の銀行に送金をして、外貨送金データーをもとに日本円を発行し市場に資金を出すことができます。

これが、最も重要なことです。

このやり方と、資金を生み出すパターンが理解できれば、日本の経済大国、金持ち日本が再生は簡単です。

世界経済の基本的流れを知ることにより日本経済の発展が可能になる。国際流通基金の世界を理解すべき

実は、このブログを書こうと思った理由は、「長期管理権委譲渡資金」というものが、存在しないという文面がネットに出ていたことが気になって、このMSA資金についての解説を書き始めました。

MSA資金については、随分書きましたので、読者の方は、よく理解ができたと思います。グーグルの検索リストを見ても、MSA協定 第五条などという検索も増えています。確かに、これは、随分過去の話になります。しかし、戦後の日本を復興させるためにどのようにして財源を確保するかということで、当時の役人、政治家が必死に動き、連合国側から得ることができた財源でした。

MSA協定は、国連に登録された協定であることは、過去のブログで紹介しました。米国を中心に、連合国が第二次世界大戦後の世界をどう作るか?資本主義社会をどうつくりあげるか協議した上で、MSA協定及びPPP運用における世界の資本主義社会の基礎を作り上げました。基軸通貨となる米ドルを普及させ世界経済を牽引する方法として、ゴールドによる運用を1950年代にはじめ、その後、1971年にニクソン大統領の時代からは、運用方法をゴールドによる財源確保をやめ、世界の主要銀行による債権売買「銀行券の割引債売買」により資本家に資金を運用益をシェアすることで世界経済を作り上げました。

現在もその流れは継続しています。

MSA資金、すなわち、PPP運用による収益は、世界に分配される構造になっています。アジアや欧州の主要銀行にて割引債のトレードが行われ、得た収益は、国際送金を行われながら、世界の資本家に分配されています。

日本は、制度的に出来上がっているので、MSA資金の提供すなわち、「日本の重要産業企業の代表権者個人に対する資金分配を行うということを決めています。」すなわち、MSA資金は、世界のバンカーが運用するPPP運用の運用益を資金源にして、国際送金を行いながら資金のシェアを行っています。

日本におけるMSA資金の意味は、産業支援における大型補助金としてイメージされている部分が大きいですが、これは、MSA資金は、PPP運用された資金を世界規模で送金しながら分配するシュアされれる資金であることが言えます。

これが、世界の資本主義社会を作り上げる資金になります。

資本主義社会は、資本を生み出し、そして、世界にいかに分配するかにより、世界経済の規模を大きくしています。

基本的に債権の売買をするという制度になってからは、資金は無限大に作り上げることができます。過去は、金という現物をもとに運用されていましたが、現在では、世界規模で資金を生み出す手法は、現物をもとにしていないことから、資金が必要という人の欲求で資金を作ることができる制度になったことが言えます。

 

すなわち、日本経済がなぜ、発展しないで立ち止まっているか?理由は、簡単です。すなわち、MSA資金の活用が世界的に見て、活用される量が少ないからです。日本には、MSA資金すなわち、PPP運用を長年して資金をシェアできる財源を用意していますが、それを活用する立場の方が、活用しないので、国際的にルールにより決められた借金を伴わない資金の増やし方、通貨発行権を活用していないことになります。

PPP運用は、欧州などで金融の深い部分まで知り尽くしている人には、これほど、すごい運用がないことは常識になっています。しかし、日本人が日本語から得れる世界の金融情報は乏しいということが言えます。

すなわち、金融情報は英語による情報がほとんどで、日本語による真実の情報は少ないということになります。

G8により1971年に決定された金融システム、これが国際流通基金といわれる個人による資金管理の世界が、世界経済を作り上げていることを日本人の資本家は理解をするべきです。世界における日本経済の出遅れは、簡単に言えば、国際金融の根本について理解をしていないことが負ける原因になっています。

日本は、日本を十分支えることができる運用益をもっていることを知り、活用することで、戦略的成長を遂げることができます。

国際金融を理解することで日本の未来が明るくなる

MSA資金の謎に迫っていますが、MSA資金は、巨額資金があるという噂は、されていますが、実際にはどこかに巨額な現金が保管されているということでなく、基本的には、PPP運用で得た巨額な運用益が財源になっています。すなわち、証券口座に入っているマネーという理解で間違いないかとおもいます。

金融で運用された資金は、すべてがすぐに現金化して保管されていません。資金については、証券口座から引き出すという名目で銀行に送金されて初めて現金化されます。

また、海外市場での金融取引ということもあり、PPP運用される投資銀行は、日本にはありません。そのために、資金は海外で外貨運用されて保管されています。

その資金を、いざ必要だということになれば、海外の銀行の証券口座から日本に送金します。日本の銀行にて外貨を両替して日本円で入金します。

多額の送金になることから、国際金融機関や日本の金融庁などの許可も必要になります。MSA資金は、国にも貢献するということを言われますが、民間活用財源以外にも、政府の活用分の財源としての資金も同時に準備します。

それは、国に対しては雑収入として収入を得ることになります。

PPPにおける運用された巨額資金の一部を、日本の産業育成のために海外から送金し、通貨スワップ協定を無制限、無期限で結ばれている米国、欧州、日本は、米ドル、ユーロともに外貨送金をおこなえば、日本でいくらでも両替して日本円を発行することができます。

その仕組が、日本にとっての通貨発行特権としての位置づけになっています。

国が借金を伴わないで、日本円を発行できる権利は、外貨収入になります。PPPによる外貨運用されたMSA資金を日本に送金することが、日本にとって借金を伴わない日本円の発行手段になります。

これは、通貨の貿易であり、外貨収入を現金取引で得る手段になります。

通常、国が外貨収入を得るには、国際貿易の活性化を行ったり、外国人観光客の誘致などをして外貨を稼ぐことを行います。しかし、その場合ですと、小さいことを多数積み重ねて初めて大きな結果になります。

しかし、海外で特殊巨額運用を行い、その収益を投資目的で日本に送金することは、時間をかけずに多くの外貨を獲得することができ、しかも、通貨スワップ協定により日本円に両替し、日本円の通貨流通量も増やすことができるという日本にとっては、大きな経済効果を生む事ができる案件になります。

すなわち、表向きには、産業支援などをいってMSA資金について説明をしていますが、これは、国際金融を最大限を活用した日本の通貨流通量を大きくするための案件になります。

使える現金が増えることで、国家財政、民間財源の拡充を図ることができます。

ですから、国際金融を理解して、MSA、PPP運用を理解することで、国家の通貨流通量を合法的に増やすことができ、日本経済の底上げを可能にします。

日本にはいつでも飛躍できる手段があります。ただ、それをうまく活用していないだけの話です。

日本の未来はあります。

資本主義社会の資本は、PPPにより作られる。

日本人には馴染みの薄いPPP(プライベート・プレースメント・プログラム)、この歴史は、70年近くあります。第二次世界大戦後の世界の資本主義経済をどのようにして作り上げるかを協議した上で決まった通貨発行に関する規定です。IMF,FRB BIS、世界銀行などが中心となって国際的にドルを広めるためにどうしたらいいか?基軸通貨のドルを世界に広めるためのルールが決められました。

その裏付けになったのが、ゴールドです。ゴールド、1オンスあたり35ドルの通貨を発行し、それを証券市場で取引することで、資金を大きくしていきました。そのため、ゴールドの価値は、数十倍に膨れ上がりました。しかし、1971年 ニクソン大統領の時代に、アメリカドルの発行量が、ゴールドの量、時価価値を遥かに超えていくことが問題になり、通貨の発行手段をゴールドから別のシステムに変えたということです。これは、G8により決定されました。

それが、現在に至るPPPにおける取引形態ということです。PPPは、新しい取引形態は、銀行券の割引債の売買という手法で利益をあげると言う手法になりました。

世界の主要銀行25行程度の銀行が参加し、割引債の売買を行って収益を得ています。PPPには、専門のトレーダーが担当し、出資者(資本家)の資金を最低1億ドルから運用を行います。レバレッジをかけて取引されるために通常よりも大きな資金での取引を可能としており、収益を得ることができます。

PPPの私募プログラムが世界の資本主義経済を牽引する社会システムになっています。当然、巨額な利益をノーリスクで得る機会があるPPP運用であるので、その使用用途は、世界経済の牽引につながる投資をすることが重視されます。社会貢献事業や産業投資などです。

PPPにおける運用プログラムは、世界各国で活用されており、世界の経済を牽引するおおきな財源になっています。しかし、この運用に関しては、クローズされた環境で行われているので、特殊な人脈がなければ、行うことが難しいのがPPP運用です。

すなわち、これが世界の通貨発行権のソースになっています。

2012年以降は、随分PPPにおける運用プログラムは開放されているようですが、まだまだ日本では馴染みのない特殊金融案件です。すなわち、日本におけるMSAにおける資金提供が多額な資金が提供可能である理由は、長期間におけるPPP運用された財源が有るから実現しています。

欧州で運用された資金が財源である、また、金塊が財源であるなどいろいろいわれていますが、答えは、PPP運用における歴史を話しているということになります。

 

日本には、MSAにおける資金提供が存在するのは、長期におけるPPPにおける運用があり、その財源が巨額になっていること。またその資金を管理して、資金を産業に対して提供する組織があることで、日本の世界から認められた資本家といわれる経営者には、無償で資金が提供されるということになります。

海外で運用された外貨が財源となっており、日本には通貨スワップを行い資金を送金します。

PPP資金の活用は、プロジェクト投資を目的に資金が動かすことも条件になっていることから、MSA資金提供では、大企業の東証一部、銀行、信用金庫などの産業を牽引する企業の代表権者個人に資金が提供されます。

それが答えになります。

国際金融を理解して仕組みを理解すれば、産業界の資金調達はいくらでも日本では調達できる基礎財源「PPPにおける長期運用された巨額資金」があります。

それを外郭組織によって行われており、つねに日本の第三の財源として国家が窮地になったときに助けられる仕組みがあります。

すなわち、産業界が世界の金融について無知であれば、日本の発展はありえないということが言えます。逆に言えば、この制度を理解すれば、世界に誇る経済大国を建設することも可能であるということが言えます。