【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2022-06-01から1ヶ月間の記事一覧

企業育成資金の仕組みを実現させるPPPの仕組みは、MTNのトレードが関係している。

□企業育成資金の仕組みを実現させるPPPの仕組みは、MTNのトレードが関係している。 企業育成資金について現実化させている取引というのは、一体どういうことでしょうか?その答えは、日本では馴染みのない制度「MTNのトレード」という世界です。 MTN(Medium…

日本国の財政不安の解消は、この第三の財源の活用を増やす以外、方法はない。(企業育成資金の活用件数の増加)

□日本国の財政不安の解消は、この第三の財源の活用を増やす以外、方法はない。(企業育成資金の活用件数の増加) ついに、130円代後半の相場になりつつあるドル円相場ですが、その原因は、日本円の弱さというよりも、政府方針が転換できないジレンマがあ…

債権大国である日本の与信枠を利用した資金調達と、民間の1億ドル以上の与信枠というPPPの仕組みを利用した償還システムによって成り立つ企業育成資金の制度について知る。

□債権大国である日本の与信枠を利用した資金調達と、民間の1億ドル以上の与信枠というPPPの仕組みを利用した償還システムによって成り立つ企業育成資金の制度について知る。 企業育成資金の謎、巨額資金の提供するためのからくりというのは、実は日本国が世…

日本国は、世界に資金を貸し出している債権大国であるといえます。ある意味、世界最大の金貸し国家であるといえます。その与信枠を使って、現金調達する仕組みが、償還制度とPPPによる運用システムです。

□日本国は、世界に資金を貸し出している債権大国であるといえます。ある意味、世界最大の金貸し国家であるといえます。その与信枠を使って、現金調達する仕組みが、償還制度とPPPによる運用システムです。 日本は世界ナンバーワンの債権国 巨額資金の幻想は…

巨大資金の幻想は、投資銀行からの資金調達ということ

巨大資金の幻想は、投資銀行からの資金調達ということ 企業育成資金の解説について言えば、巨大資金、京の単位の資金が有るという説明を言う人物をみたことがあるが、厳密を言えば、間違いである。 企業育成資金の巨大資金の話は、これは、あくまでも日本国…

ドル建てで考えれば、円建て資産は、どんどん小さくなる現実。国際金融における運用制度について理解しなければ、日本の危機的状況を救済できない。

□ドル建てで考えれば、円建て資産は、どんどん小さくなる現実。国際金融における運用制度について理解しなければ、日本の危機的状況を救済できない。 現実問題として、悪い円安は進行しています。その原因は、結論から言って、日本政府の国債の問題になりま…

防衛費の増額をすれば、それ以外の財源確保は、第三の財源から補填する仕組みを考えることが重要です。

□防衛費の増額をすれば、それ以外の財源確保は、第三の財源から補填する仕組みを考えることが重要です。 日本の防衛費 GDP費1%を2%へと言う方針が一気に進めている政府、ロシアのウクライナの侵略、北朝鮮のミサイル実験と日本の海を隔てた隣国の動きを…

第三の財源(民間財源)を活用して、日本の底上げを考える。

□第三の財源(民間財源)を活用して、日本の底上げを考える。 結論として日本は、PPPからの資金の受け入れをするのか?どうか?ということになる。すなわち、企業育成資金は、日本国の保証で資金を銀行から調達して、PPPによって償還する仕組みを行っていま…

日本全国に広がる整備新幹線事業について考える。

□日本全国に広がる整備新幹線事業について考える。 整備新幹線事業について、これは、財源が国や地方自治体が負担をすることで、実現する新幹線の整備事業のことです。しかし、現状は、各地方自治体は、整備新幹線事業に負担金について捻出することに懸念す…

第三の財源を使った地方再生計画について

□第三の財源を使った地方再生計画について 地方自治体などを見ていると都市整備計画や産業誘致計画など、多岐にわたって計画ありますが、実際には、青地図を書きましたが、財源確保が困難という理由で、計画が実行できていないというケースを多く見ます。 第…

民間財源を活用した日本の復活のストーリーを実現する。日本の地方再生、地方創生の仕組みをコンサルティングをする業務を強化する。

□民間財源を活用した日本の復活のストーリーを実現する。日本の地方再生、地方創生の仕組みをコンサルティングをする業務を強化する。 第三の財源と言われる民間財源を活用して、日本の地方創生、日本経済の復活をすることを目指しています。本ブログでは、…

企業育成資金の制度を簡単に説明すると

□企業育成資金の制度を簡単に説明すると 企業育成資金は、天皇家が国民のために準備している民間財源ということを理解してください。金融の仕組みについては、過去のブログに詳しく説明しています。ブログの読者の方から難しい筆者の話がむずかしく、特に金…

6月になりました。企業育成資金の話については、特に地方再生、民間財源を活用した道州制度の設立の提案などに力を入れていきます。

□6月になりました。企業育成資金の話については、特に地方再生、民間財源を活用した道州制度の設立の提案などに力を入れていきます。 企業育成資金というものは、日本を代表する経営者に対して、資金提供する案件になっています。これは、償還制度と天皇家…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。