【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

資本金規模が一番重視のMSA資金の産業補助金

MSA資金の産業補助金制度・・・この制度は、実はすごいところは、資金調達できる基準は、経営者が所属する企業の資本金の大小を見るだけで、それ以外はそれほど資金調達の際に重視されません。資本金が大きければそれでよし。という話。資本金✕100倍 しかも、赤字でも問題ありません。銀行、信用金庫は、預金高に対して3倍程度と決まっているだけで、経営状態がどうであれ、全く関係ありません。

 

この資金の調達は、個人名義で行いますので、会社の印鑑証明も、会社の実印も、必要なく、会社の決算がどうであれ、全く関係ありません。決算書さえ出しません。

 

すなわち、この制度、資本金が大きく、製造している企業で、東証一部であれば、合格という制度。 追記して言えば、資本金が300億円を超えていて、東証一部企業であれば、殆どの業種でMSA資金から資金調達が可能になります。ある意味、資本金の規模が勝負の補助金制度・・・。

ですから、何を言いたいかと言えば、MSA資金について理解を示し、経営力のある経営者ならば、増資していて頂き、その資金を外部からサポートすれば、十分、MSA資金から資金調達をすることができる立場になるということです。

資本金300億円で、東証一部の企業になれば、3兆円も資金調達ができれば、正直、その会社、資金面では、数十年間悩む事がありません。次の増資は、1000億円以上になれば、十分基幹産業になり得るので、数十兆円から数百兆円の調達が可能になるのが、MSA資金の産業用補助金制度の仕組みの凄さです。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。