実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

暗中模索と非常識な演出の先にある一点の光 プロ育成資金コンサルタントの養成講座

「暗中模索』という言葉がありますが、企業育成資金の案件に参入するということは、まさにこの言葉がぴったりと思います。

暗中模索とは、「くらやみの中で手さぐりして捜すこと。転じて、様子がはっきりせず、目的を達する方法が分からないまま、いろいろ探るように試みること。」という解説文がありますように、ゴールは、この資金を取り扱う胴元がどこにあるのか探すことといえます。

一体、どこにこの暗闇の中に真実があるのか、暗闇の中では、ゾンビやおばけ、または、怪獣も存在します。正直これを探求していくと、なかなか出会えない出来事に出会うことがあります。あえて、お化け屋敷に喜んで入っていくことを希望する変わり者以外、この未知の世界のトンネルをくぐり抜けるのは難しいのではないでしょうか?

さて、MSA総合研究所に問い合わせのあるか、通りすがりのかも多数いますが、全員、暗中模索の状態だと思います。一体この真実はどこにあるのか?といえば、これは、経験以外理解できない制度だからです。

そのことが理解できている人は、この文章を読まなくても、答えが見えているかと思いますが、おおくのプロ育成資金コンサルタントを目指している人は、結論から言いまして、誰の言葉信じたら良いのかと日々悩まれていることでしょう。

しかし、このプロ育成資金コンサルタントを目指す人のための情報の多くは、今の時代のものではなく、古いものが多いのです。たしかに、歴史的経緯も説明が重要かもしれませんが、それは、現在の流れとは違ってきます。当然、人事異動もありますので、担当者も変わっていきます。担当者もかわっていけば、やり方もそれぞれの人のやり方になるでしょう。

しかし、大枠な考え方、演出の仕方は変わっていません。足跡を残さない、証拠を残さない。偶然を装う という あるのかないのか、わからないような形で募集をして、作業を完了させるのですから。

いずれにしろ、この案件の真実が申請者のみ知れるのは、書類が資金者に届き、その後、日米政府の審査と承認を得て、資金が動かすことが許可がでてから、初めてその事実について少し見えてきます。
すなわち、経験ができるのです。

暗中模索をするということは、最終的ゴールに達した瞬間のみ答えが登場する仕組みです。過程でなにか見えてくるのか、証明するものがなにか落ちているのかといえば、すべてが風のうわさでしかありません。

最後までその言葉をあなたは信じられますか?というゲームみたいなストーリーで、この案件は動いています。

筆者はものすごく面白いとおもっていますが、普通の常識人から言えば、非常識な制度だと言いたくなるのでしょう。

非常識な演出を理解できる人のみが、達成できる巨額資金である企業育成資金の世界でしょうね。

ゴールは、通常世界では非常識と思われる演出の先に存在しています。
暗中模索を演出されています。その非常識世界の先に一点の光が指します。

MSA総合研究所より