実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

国家を支援したいという高い志をもった民間人のための教育機関として ー プロの育成資金コンサルタントの養成講座

プロの育成資金コンサルタントの養成講座を書いています。さて、最近の子供将来のなりたい職業のナンバーワンがユウチュウバーということです。夢のある仕事と思われているのですね。

筆者は、近い将来、子供なりたい職業NO1は、プロの育成資金コンサルタントと言える時代が来れるようになればいいと思いますね。実は、国家にも貢献できて社会貢献、経済への貢献も非常に大きいプロの育成資金コンサルタントは、非常に魅力的な仕事と思っています。また、決まれば収入も大きいのですが、かなり限定された対象者に向けての案件ですので、それなりの社会的地位を要します。また、日本を代表する経済人との接触をする必要がありますので、自ら磨きをしなければ、相手にもしてもらえません。

実は、プロの育成資金コンサルタントができるのは、日本でもトップクラスの何かを持ってる人以外達成できない仕事といえます。

対象になる方といえば、東証一部資本金100億円以上の代表者や、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の代表者になりますので、日本でトップクラスの経済人との接触をしなければいけません。

また、これは、日米安全保障条約上で非常に重要な仕事になりますので、国家においても究極のトップレベルの案件になります。国家を背負う仕事と言えるでしょう。

いわゆるこの制度の基礎になるのが、MSAと言われる日米相互防衛援助協定における資金ということがベースになります。米国からの日本の工業を支援するための贈与金を運用した資金を提供する案件です。
この資金は、安全保障費としても使われます。駐留米軍基地及び自衛隊の基地の建設費及び備品購入費用としてこの資金を活用するという規約があります。

また、経済援助に関しては、安全保障費のうち20%以下の資金を民間の産業発展のために贈与するという規定もあります。

これが、この資金のベースになることです。

また、この資金を第三者から影響ないように保管をして、資金の移動を第三者は阻害することができない。としています。完全に独立した資金として取り扱われいます。このようなハイレベルな案件を行うには、かなり高度な知識と相当ハイレベルな人脈がなければ、達成することができない仕事になります。

難しいので、それだけ好奇心を持ってできる仕事といえるのですが、これだけのハイレベルなことを達成するためには、やはり相当この制度についての研究をしなければ、とても攻略できるものではありません。

また、テキストも存在しませんので、口述で伝わっている巷の情報が頼りになります。しかし、殆どの情報が半世紀も前の古い情報であり、同時に、間違った情報の伝達もしていることも多くあり、非常に不明な点が多く存在していました。その部分の問題点をMSA総合研究所は、聞き取り調査をして、過去の国会の審議文など一通り目を通して、歴史的経緯、また、現在における企業育成資金の経緯についてブログで情報発信したり、また、MSA総合研究所のメンバーには、個別で情報提供をおこなったりしています。

当然、案件を仕上げるためのサポート業務も行っています。
これは、難易度は高いですが、ビジネスモデルは存在します。

そのビジネスモデルについて研究してわかりやすくすることで、成約件数を増やそうと活動しているのが、プロの育成資金コンサルタントの養成講座です。

一人で行動するより、多数の方と情報を共有したほうが、確率は高まります。また、共通認識をもって、主催者と同調して仕事ができる教育プログラムを実施することで、作業が円滑に進みます。


この案件は、普段接することのない世界の仕事になります。見たこともない資金者といわれる職業を行っている方が行っている仕事に、作業を引き継ぐことが、プロの育成資金コンサルタントの仕事ですが、普段からお会いして打ち合わせなどできません。すなわち、案件が動いたときのみ、何らかの情報をもって動くだけの話ですので、会うこともありません。唯一、接触できるのは、申請者本人(東証一部、銀行、信用金庫の代表者)のみ接点をもてますが、プロの育成資金コンサルタントは、資金者側近から来る指示に従い作業を行います。

ですから、普段付き合いのない人とチームワークを一瞬にして完璧につながなければならないので、難しいのです。人の関係が構築されてないなかで、行うので、何が真実かという思いの中で案件を進めることになります。

やはり、人には事前に知っておく標準というものがあれば、物事は理解しやすいのです。

MSA総合研究所のプロの育成資金コンサルタントの養成講座をブログや個別指導によっておこなってるのは、標準的知識をまずは、つけていただくためです。すなわち、学びを得ようという人には、無料で指導しています。

ここで、重要になるのは、知識を得ようとして当研究所の門を叩くのは、いいのですが、中途半端な知識で、試してこちらに連絡してくる人がいますが、教えを得ようという姿勢のない人物には、MSA総合研究所は、対応しません。すなわち、これは、師弟の関係であることが言えます。

MSA総合研究所は、シンクタンクであり、調査研究をして企業育成資金の成約件数を増やすための教育を行っています。すなわち、プロの育成資金コンサルタントの養成学校といえるのです。よって、こちらに連絡してくる方に求めるものは、私達の行っているビジネスモデルに対して学びを得たいという師弟の関係として参加するものは歓迎するが、それ以外の目的でこちらに連絡するのは、ご遠慮頂きたいと思っています。

日本の国家を支援したという高い志のある民間人を対象にできる限りわかりやすい指導をしています。

MSA総合研究所より