実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

企業育成機構のメンバーが目指すNEO計画について

□企業育成機構のメンバーが目指すNEO計画について

f:id:shoukan:20211107100541j:plain



全国にある企業育成資金の対象者に対して、企業育成資金について説明、導入への案内をする役目を担う「企業育成機構」のメンバー。

企業育成機構のメンバーとしては、やはり、新しい資本主義経済を作り上げるために、活動していただくことになります。

1,新しい資本主義経
2,令和の所得倍増計画
3,民間財源を活用した道州制度の実現
4,Japan As No.1 と言われた昭和の時代の日本経済をもう一度復活させる。
5,世界一イノベーションを起こす国日本となる。

国家の発展にとって重要なことは、生産性の向上になります。お金がないから諦めるという社会から、アイデアを最大限に活用して企業育成資金の財源を捻出して世界NO1のインベーションを産業に生み出す国家として生まれ変わることが大切だと思っています。資金とチャンスがあれば、アイデア、頭脳が集まります。

すなわち、過去は頭脳流出という言葉が流行りましたが、日本は、企業育成資金の財源を使って頭脳誘致をすることが大切な課題になります。
これは、政府の仕事というより、民間のビジネスマンの仕事になりますので、企業育成資金の財源を活用する以外、大きな財源を確保する方法がありません。

企業育成機構の目指す NEO計画(ニュー エコノミック オーダー)は、企業育成資金を対象者が当たり前のように活用できる社会にすることが目標です。それは、全国に広がる企業育成機構のメンバーの使命となります。

NEO計画(ネオ計画) です。覚えてください。

企業育成機構
MSA総合研究所より