【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

衰退する地方経済を底上げするには、地方の銀行、信用金庫の代表者が企業育成資金から資金調達することで、地方創生をおこなうことが可能である。国民の権利として理解するべき。

衰退する地方経済を底上げするには、地方の銀行、信用金庫の代表者が企業育成資金から資金調達することで、地方創生をおこなうことが可能である。国民の権利として理解するべき。

 

地方経済の衰退が止まらないという状況で、日本が今何をしなければいけないのか?その答えは、地方経済を立て直すための資金をしっかりと投入する必要があります。

 

都心部では、ミニバブル的な不動産価格の高騰が起こっていますが、衰退は激しいのは、地方都市になります。首都圏一極集中として人口が首都では増えていますが、地方では減少に転じています。やはり地方では、大きな収益につながる仕事がないということで、都会に出てきてなにかしてみたいということで、人が都市部に集まってくるのは理解できます。

 

ただ、魅力的な地方都市を建設するということを考えれば、大きな財源を確保するのは、非常に難しいと言えます。中央省庁に地方自治体が交付金だよりで、お願いしても財源がどんどん削減されるなかで、地方財政も相当厳しい状況になり、地方自治体を中心に都市への投資ができなくなり、都市の発展が停滞していると言えます。その状況を打破するには、これは、唯一の方法は、地方都市にある金融機関(銀行、信用金庫)に企業育成資金を投入して、その財源を使って、地方創生の財源にすることが重要になります。

 

銀行、信用金庫の代表権のある社員が、この制度について理解しなければ、日本経済の復活させることは不可能と言えます。東証プライム企業という話になれば、ほとんどが、本社は首都東京に集中しているために、東証プライム企業が、地方経済を救済するということは難しいと言えます。東証プライム企業は、自社を伸ばすために研究施設や、社員の福利厚生、年金組合への資金提供など、終身雇用できるような環境整備をすることが重要とかと考えます。

 

銀行と信用金庫に関しては、預金高の3倍から4倍の資金が提供されるわけです。つまり、預金を預けているのは、その地域の人たちの資金ですから、金融機関が企業育成資金をうj蹴る場合には、顧客や地方経済への貢献をするという意味が大切だと言えます。

 

預金高3兆円ある銀行だとすれば、10兆円以上の資金が提供されますので、たとえば、¥10兆円の資金のうちで、半分でも地方創生の財源に使えば、大きな事業を展開することができます。大都市では、数兆円という開発は、土地価格が高いために、巨大な開発をするのは、難しいですが、地方都市で、例えば、5兆円と投入してできる開発といえば、相当大きなことができると言えます。また、財源は、枯渇すれば、再請求できますので、この企業育成資金の制度についてしっかり理解すれば、財源は永久に補充することができるということを知ってください。まさに、大事業を日本全国でいつでもできる財源は、資金本部は、いつでも提供できます。

 

地方都市の再開発、地方創生の財源に、企業育成資金を活用できないかということをよく相談されますが、受け皿になる金融機関(銀行、信用金庫)の代表の理解を得れず似、頓挫するケースをよく見ます。

 

企業育成資金から資金を受け取れるのは、日本国民の権利だということを知ってください。また、皇室の資金本部のグループに属することで、いつでもこの資金を受け取れる機会を提供できると言えます。

 

何度も言いますが、日本全国の金融機関の預金高の合計は、1000兆円以上ありますが、それに対して、3倍から5倍の資金を提供するとしても、5000兆円が限界といえます。正直、すべての銀行、信用金庫の代表が資金を受けても良いといって、申請されても、資金本部が提供する財源は枯渇することはありません。よって、これは、日本国を開発するための財源を提供する国民の権利だということで、資金を受け取ることを考えてください。




***************

MSA総合研究所 https://msa.tokyo/

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com

企業育成資金 割引ゴールドのローリング取引

正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

**************

 

【公式】MSA総合研究所(日本私募プログラム研究会)|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。