【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

2022-12-01から1ヶ月間の記事一覧

世界規模のクラブ制度【デジタル米国債通貨】の世界について

世界規模のクラブ制度【デジタル米国債通貨】の世界について PPPの世界というのは、クラブメンバー制度であるということを述べています。筆者は、デジタル米国債通貨を発行する財団のアンバサダーに公式に登録されていますが、この財団は、米国債を世界で最…

お金の世界は、最後は、クラブメンバーになるということで、特殊な世界が知れる。

お金の世界は、最後は、クラブメンバーになるということで、特殊な世界が知れる。 筆者は、学校では教えないお金の世界というのを随分研究してきました。 日本経済を良くするにはどうすればよいのか?を考えたときに、如何に日本国内に通貨流通量を増やせば…

割引ゴールドPPPについて (クラブ制度についての説明)

割引ゴールドPPPについて (クラブ制度についての説明) さて、割引ゴールドのPPPブリッジ取引についての情報ですが、12月15日にゴールドの管理倉庫が年末で終了となりますので、来週で作業終了ということになります。 PPPの世界について説明すると、PPPとい…

最近よくある質問について

最近よくある質問について 企業育成資金は、年内いつまで行いますか? 答え⇒暦通り営業中 です。 ということになります。 通常、10日営業日程度申請から資金の受け渡しまでかかります。銀行決済は、「火曜日、水曜日、木曜日」の3曜日に限ります。 初回申請…

「誰も教えないお金の大学校 個別ゼミ」について・「誰でも参加可能な欧州PPPプラットフォームについて」

「誰も教えないお金の大学校 個別ゼミ」について・「誰でも参加可能な欧州PPPプラットフォームについて」 2022年も残すところごく僅かになってきました。なかなか企業育成資金の案件も動きづらく、苦労している感じがします。1年間、企業育成資金についての…

誰でも参加できる年金や給料のようなPPPシステム、パソコン、スマートフォン教室 1日1組3人まで

誰でも参加できる年金や給料のようなPPPシステム、パソコン、スマートフォン教室 1日1組3人まで PPPの世界では、いろいろな内容が存在しています。 筆者は、注目しているのが、スイスのプラットフォームが提供している小口のPPPのスキームです。これは、…

政府向けの国際支援プログラムがあります。対象全世界

政府向けの国際支援プログラムがあります。対象全世界 PPPの世界も変化があり、中央銀行債よりも政府国債を救済する仕組みが重要性が出ています。日本の場合でもそうですが、政府国債を日銀に販売するということは、日銀(中央銀行)資産が増えて、政府は、…

生まれ変わるマネタリーシステムについて論じる。

生まれ変わるマネタリーシステムについて論じる。 当ブログでは、PPPの世界について色々説明をしています。PPPというのは、プライベートプレイスプログラムという特殊プログラムです。これは、世界の頂点に君臨するティア1(一級トレーダー)は世界に、たっ…

世界経済救済システムについて デジタル米国債通貨(DBN)の流通革命

世界経済救済システムについて デジタル米国債通貨(DBN)の流通革命 コロナ禍で世界的に景気が低迷しており、各国政府も非常に混迷しているなかで、特に発展途上国、後進国の支援を行う仕組みがあります。筆者が、アンバサダーとして関係しているデジタル米…

PPPの世界は、クラブメンバーに向けたプライベートサービスであると言えます。

PPPの世界は、クラブメンバーに向けたプライベートサービスであると言えます。 これからの時代で重要なことは、生きるための仕組みとしてPPPの仕組みを活用するということになります。PPPとは、クレジット・ラインを用いた資金の作り方です。特に欧州市場で…

デジタル通貨革命を考える。

デジタル通貨革命を考える。 お金の世界とPPPの世界を極めるために、人脈を広げていくと、結論、世界ネットワークになっていきます。筆者がスリランカの文部省の支援をすることなったり、また、現在は、米国債をベースに作るデジタル通貨、デジタル米国債通…

PPPの世界は、欧州のクラブ会員制度という仕組みで存在している。クラブメンバーだけが享受できるサービスというのが、PPPということになる。

PPPの世界は、欧州のクラブ会員制度という仕組みで存在している。クラブメンバーだけが享受できるサービスというのが、PPPということになる。 日本では、PPPについては、ほとんど理解されていませんが、欧米ではこの仕組について理解をしている人がいます。P…

軍部によって国家は生まれ、軍部が国民サービスをするために政府を設置している。

軍部によって国家は生まれ、軍部が国民サービスをするために政府を設置している。 国家を誰が作っているか、それは、単純なことであります。どんな国でも国家は、軍部によって作られています。日本の場合は、敗戦したことで、現在の日本は、日本軍が作った国…

デジタル通貨革命について説明します。

デジタル通貨革命について説明します。 米国債を使った世界共通通貨の仕組みについて説明したいと思います。つまり、米国債は、政府の借金ということになります。PPPというのは、割引国債をブリッジ取引を行ってゴールドファンドに購入していただき、ゴール…

政府の救済システムを考えるとき、国家の成り立ちについて考えると答えがわかります。軍部が国家を統一して、軍部が国民サービスを提供するために作る組織が、政府ということになります。政府は、軍部の管理下に存在しており、政府は、軍部によって救済される仕組みが、PPPの仕組みです。

政府の救済システムを考えるとき、国家の成り立ちについて考えると答えがわかります。軍部が国家を統一して、軍部が国民サービスを提供するために作る組織が、政府ということになります。政府は、軍部の管理下に存在しており、政府は、軍部によって救済され…

世界共通プラットフォームのマネタリーシステムは、米国債、欧州国債を使ったボンドマネーの流通革命が世界を変えます。

世界共通プラットフォームのマネタリーシステムは、米国債、欧州国債を使ったボンドマネーの流通革命が世界を変えます。 (連絡事項) 来週の月曜日は勉強会は、お休みになります。 年末になりましたので、筆者も忙しいということで、時間の余裕があれば勉強…

Flag Counter