【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

2021-05-01から1ヶ月間の記事一覧

沈黙力のある人物は、この案件に参加できる。うるさい人は、参加拒否される!

日本でもっとも面白いビジネスモデル、もしかしたら、世界で最も面白いビジネスモデルかも知れない企業育成資金の説明をするコンサルタント業務です。 近代日本史を語る上で、非常に重要な案件になります。あまりにもスケールと規模、金額が大きいこと、秘密…

企業育成資金と安全保障費についての正しい認識を持っていただくための教育が非常に重要です。

企業育成資金について追求していけば、その答えは、日米両国政府が仲良くするための資金ということになります。確かに、表面的には、東証一部、銀行、信用金庫の代表権者を対象にした民間募集される育成資金です。 しかし、隠されている部分では、日米の安全…

日米両政府にとって非常に重要な制度である安全保障のおける制度について理解を深める

企業育成資金について、対象者であるかどうかを調べる上で重要なポイントは、これは、法務局にいって謄本を取得して確認するのが一番重要です。 代表者事項証明書 と言われる代表権のある方の氏名が記載された書類が法務局で取得できます。これは、誰が行っ…

よくある質問と疑問に対する回答

企業育成資金に関して言えば、これは、アメリカ合衆国が日本政府に対して工業の発展を支援するための贈与金からスタートしています。今もそのことは変わっていません。そのために、企業育成資金について条件の部分で東証一部で資本金100億円以上、且つ製…

私達の情報発信は、企業育成資金の教育とゲートウェイになるべく仕事をおこなっています。

MSA総合研究所のプロジェクト 「300人 プロ育成資金コンサルタント育成プロジェクト」を開始しています。 米国政府が主催で日米両政府のもとで、民間募集機関が企業育成資金を募集して行っています。巨額な資金が大企業経営者に提供される事実は、巷の噂…

社内からアプローチは避ける。会社でたった一人だけ受け取れる資金ですから、同僚、株主、取締役にだまって行動して、申請することができます。

育成資金の成約件数を増やすことを目的言えば、名義人になっていただく、東証一部、銀行、信用金庫の代表者に対して、正直、負担のない話ではなければなりません。この案件の紹介者になる仲介者も、名義人になれる企業代表者にアプローチする際、社内から下…

まずは、個人のため、家族のために育成資金を使うことを前提にこの資金を活用方法を考えることは、大切である。

企業育成資金の正体は、日米同盟を継続する上で大切な案件です。筆者は、海外生活15年ほど経験しておりますので、外国人同士が仲良くなれる方法の一つに、一番効果的なのは、金を使うことをだと思っています。 どんな国民であっても、民族であっても、お互…

育成資金は、個人的な資金になりますので、ファミリーのバックアップが重要です。

米国が日本の産業支援のために行っている企業育成資金に関して言えば、東証一部 資本金100億円以上の企業代表者、銀行、信用金庫の企業代表者が対象になります。すなわち、これは、巨額な資金は、返還不要で提供されますが、実際には、個人的な資金調達と…

育成資金コンサルタントの教育プロジェクトを開始!まずは300人、次は、1000人です

MSA総合研究所が提案する「300人、プロ育成資金コンサルタントを育成するプロジェクト」が開始しました。簡単に言えば、筆者がほんとうの意味で育成資金コンサルタントを目指す人向けの講座を開きます。 すなわち、教育なくして成果なしと思っております…

プロの育成資金コンサルタントを育てる

MSA総合研究所では、育成資金についての専門コンサルティグを行える人材育成をするようにしています。やはり、これだけ大きな資金を動く案件を行うわけですから、知識なしで営業をすることができません。 育成資金の歴史、また、資金の動かし方、申請方法の…

育成資金の制度をごく普通に話ができる世界をつくること

米国支援の日本の産業向け育成資金について、これは、もともとは政府主導でおこなっていましたが、現在では、民間の募集機関によって、募集されている育成資金になります。米国が日本向けの産業支援制度については、なぜか、否定的な報道が目立ちます。多く…

MSA総合研究所の考え方について!

今日は、日本の赤字体質を改善することを目標にして活動しているMSA総合研究所の考え方について話をしたいと思います。 MSA総合研究所のビジョン MSA総合研究所は、今から4年前、2018年に発足しました。ブログも2018年から書き始めていますが、その…

育成資金申請時の「よろしくお願いします。」の意味

日米同盟における米国政府主催の日本の産業支援向けの補助金制度といえば、わかりやすいと思います。 この制度の基礎になっている法律は、経済援助資金特別会計法(1954年ー1968年)ですので、米国政府は、日本の工業を支援するための贈与金を日本銀…

米国支援の民間財源の活用により豊かな日本を形成する。

日本政府にとって56年間辛ることができない体質が、日本の赤字政策です。日本の赤字政策の継続問題と米国政府からの工業向け贈与の政府管理から切り離されたことが、未だに影響して、その結果、日本は、赤字体質から抜け出せない状況にあると言えます。 米…

企業育成金制度の歴史について知れば、日本の赤字体質の理由が理解できる。

育成資金の歴史 今日は、企業育成資金の歴史について書いてみます。企業育成資金は、かつては、基幹産業育成資金と言われいた資金です。これは、米国政府から提案にあり日本の工業発展のために資金を贈与するという提案から始まっています。1954年当時は…

企業育成資金における三権分立制度について

企業育成資金の三権分立という話を書きたいと思います。 企業育成資金の三権分立 三権分立とは、一般的に民主主義国家における「立法」「司法」「行政」の権限をそれぞれ分離して独立して行うことを指します。一つのところに権限が集中して独裁的なことをが…

権利を分散管理することで、一部の権力者が資金を自由に使えなくしてる制度である企業育成資金

企業育成資金を考えていく上で、確かに資金本部と資金管理名義人は、日本にありますが、最終的な企業育成資金の管理及び主催者は、米国政府になります。 本来は、この制度は、米国政府から日本政府に対して提案があり、始まった制度であり、日本政府としては…

本来は、企業育成資金の財源ですが、政府利用したいという思いが強くなっている。

企業育成資金について、究極の答えは、アメリカ合衆国の副大統領の管轄下で行われている同盟国 日本の産業育成のための給付金制度ということになります。米国副大統領が直轄で日本の企業代表者へ給付金を出す制度といえば、馴染みがないですが、戦後復興期か…

国難の救済には、最後の砦は、この企業育成資金の制度を大きく活用する以外方法はない!

日米同盟における米国政府が行っている日本の基幹産業企業、製造業企業向けの給付金制度のことを「企業育成資金」といいます。 企業育成資金には、東証一部 資本金100億円以上を対象とする米国政府が主催している企業育成資金と、東証一部 資本金100億…

言いたくても言えない日米政府の声

日米安全保障費おける企業育成資金の財源の分配図 企業育成資金について言えば、最終的に重要になることは、米国管理された日本向けの企業育成資金の財源のみ巨額に存在しているということになります。 すなわち、戦後日本の接収財産や、また、米国政府から…

大口資金を早急に動かしたい理由について解説!

大口案件を早急に動かしたい理由について解説! 大口資金を早急に動かしたい理由 日本における産業支援制度を説明する中で、大口資金を早急に動かしたい理由は存在します。その一番の理由は、米国管理された日本の企業育成資金の財源は、天文学的数字になっ…

米国管理基金と日本管理基金についての解説、企業育成資金のホンネ!

米国管理基金と日本管理基金について 企業育成資金について米国管理された資金と日本の国内管理された資金のおおきく分けて2種類あるということを説明しています。米国管理された資金管理本部も2種類あり、財閥系資金と、米国政府より食料支援基金である政…

最速入金キャンペーンの案内!申請後3日以内に入金!

資金本部より、最速入金キャンペーンについて宣伝してほしいという依頼がありましたので、書かせていただきます。 対象者は、東証一部 資本金100億円以上の製造業企業! こちらの企業代表者(代表取締役)である方 朗報です! 最速入金キャンペーン 書類…

国家を救済するお仕事は、別名アメリカンドリームの案件になる?

企業育成資金について考えていくと、この資金の大本の管理は米国政府副大統領ということになり、それを管理する金融機関と、資金を活用するのは、企業側20%、日本政府40%、米国政府40% 合計100%ということで資金を分配しているという説明はなん…

日本の資金と米国の資金といわれる企業育成資金について

日本の資金と米国の資金といわれる企業育成資金について 企業育成資金について話を聞くと、昔から日本の資金や日本ルートという表現、また、米国資金とか米国ルートなど、日本と米国という言い方をする人がいます。 さて、どのような制度になっているのでし…

キャンペーン企画、先着若干名様 前振り込みを実施!(書類申請と電話対応だけで入金)

キャンペーン企画、先着若干名様 前振り込みを実施!(書類申請と電話対応だけで入金) 前振込制度についての解説 (※東証一部 資本金100億円以上の製造系企業、その他相談可 ■銀行 ■信用金庫 預金高5000億円以上) さて本日、資金本部から新しいキャ…

緊急事態宣言の再延長、育成資金の活用をしてください。

日本には、巨額な企業育成資金が存在するという話を本ブログでは紹介しています。新型コロナの変異種が広がりを見えています。緊急事態宣言は、再延長という事態になっています。一体、この状態がいつまで続くのでしょうか? 日本経済に与える影響は多大なも…

国家の救済のためになる制度

日本にとっては、最後の砦といえる企業育成資金の財源です。基本的には、かつて基幹産業育成資金と言われた産業への補助金制度について、調べてみれば気づくことがあります。それは、国の安全保障費として運用している資金のうち、最大で20%は、産業支援…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。