【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

2023-10-01から1ヶ月間の記事一覧

企業育成資金(償還金)についていえば、これは、日本オリジナルの神対応のサービスである。その理由について解説。

◎企業育成資金(償還金)についていえば、これは、日本オリジナルの神対応のサービスである。その理由について解説。 日本の企業育成資金の特筆するべき点というのは、これは、メテ財団グループが現在おこなているSBLCの収益化プログラムを活用していること…

日本の企業育成資金(償還制度)がなぜすばらしいのか?説明します。

◎日本の企業育成資金(償還制度)がなぜすばらしいのか?説明します。 本日の話題は、企業育成資金が、なぜ償還金といわれるのか?その理由について深掘りしてみたいと思います。現在、メテ財団グループは、SBLCの収益化プログラムを実施しています。つまり…

グローバルサウスを支援することは、ODA業界にとって重要な課題です。

◎グローバルサウスを支援することは、ODA業界にとって重要な課題です。 ODAについて言えば、今最も重要な課題は、グローバルサウスを如何に支援していくかが、重要なポイントになっています。日本政府のODAに関するニュースを見ていると、来年度にむけて「グ…

経済のサイクルを見るには、この動画なかなか参考になります。

インターネットを見ていると、経済のサイクルがどうなっているかを説明しています。最後に、放置すると最後は戦争になって世界破滅になり、破壊と創造になるということを伝えていますが、その問題を解決する手段というのは、富の再分配ということになります…

企業育成資金は、SRPからの譲渡資金によって成り立っている。これは、全世界共通プラットフォームだ。

企業育成資金は、SRPからの譲渡資金によって成り立っている。これは、全世界共通プラットフォームだ。 企業育成資金の歴史ということを歴史を遡って考えてみると、1951年に日本が国際商業会議所に加盟してからということになっています。その後、日本は…

(重要)現在、SRPの資産から資金の譲渡プログラムについて(企業育成資金)についての解説

(重要)現在、SRPの資産から資金の譲渡プログラムについて(企業育成資金)についての解説 これは、世界的に行われているSBLCの収益化プログラムです。米国財務省に監査されたSRPの資産から資産譲渡されるプログラムになります。 SBLCの収益化プログラ…

この案件(企業育成資金)は、米国連邦法及び国連規定によって行われる開発援助である。

◎この案件(企業育成資金)は、米国連邦法及び国連規定によって行われる開発援助である。 世界的には、企業育成資金を含めて、開発援助に関する資金というのは、すべてSRP(欧州アジア王族グループによって寄付された財源)について言えば、現在は、米国財務…

世界が、分断しないためにも、世界の開発援助を加速させなければいけない。

◎世界が、分断しないためにも、世界の開発援助を加速させなければいけない。 現在メテ財団が行っているODA政府開発援助についての話を書いています。これは、筆者がメテ財団の公式アンバサダーとして、業務をおこなっています。これは、国連加盟国を支援する…

企業育成資金は最も効率よく 外貨を獲得する手段だ。

MSA 総合研究所です。 最近は 世界情勢が非常に不安定になっています。 読者の皆様もご存知の通り ウクライナでの戦争や イスラエルで起こっている戦争状態など世界は非常に難しい時代になってきております。 最近 ネット上でも第3次世界対戦が始まるのでは…

国民が減税を希望するならば 企業育成資金を動かさない限り それは成し遂げられません.

MSA 総合研究所です。 ネットのニュースなどを見ていると最近は日本政府が財源不足を理由に国民から増税しようと考えているということに対して多くの国民は反感を持っているということが感じ取れます。 ただこの問題の解決については 大きな政府になってしま…

UNバンキングシステムからのプロジェクトファイナンスの仕組みについて解説。

UNバンキングシステムからのプロジェクトファイナンスの仕組みについて解説。 SRP(ソブリン ロイヤル ポートフォリオ)という国連設立時に、欧州やアジアの王族グループから寄付された財源を管理しているメテ財団グループは、これは、まぎもなく世界最大の…

ブレトン・ウッズ会議とIMF

筆者が常々説明しているブレトンウッズ会議についての動画がありましたので、紹介します。国連の設立と、米ドルを中心とした世界経済の構築の仕組みを作ったという歴史的な出来事になります。また、この場でも、重要な資産になったのが、SRP(欧州とアジ…

メテ財団が行うODAについてのどのような仕組みで国家を豊かにしていくのか、そのパターンについて解説。

◎メテ財団が行うODAについてのどのような仕組みで国家を豊かにしていくのか、そのパターンについて解説。 Mete財団の行うODAを活用する国家の発展計画というのは、スキーム的に言えば、パターン化できると言えます。 現在、メテ財団は、国連加盟国すべての国…

国際市場からプロジェクト ファイナンスを調達する日本における 壁

MSA 総合研究所です。 最近は 国際金融における資金調達 ということで話を書いていました。 これは プロジェクト ファイナンスにおける最高峰のプログラムになりますが スタンバイ LC を発行することによって 2億5000万ユーロから2000億ユーロまで無利息融資…

国家のリーダーが誰であっても国際金融市場のルールが分からなければ、国の経済は回復しません。

■国家のリーダーが誰であっても国際金融市場のルールが分からなければ、国の経済は回復しません。 最近の日本の状況を見ていると、日本経済が良くないことを、誰かの責任にしたいと考えている人があまりにも多く、物事の味方が間違っています。日本のどの政…

今、日本国民は、増税に対して反対意見がおおいのですが、国際金融市場から資金調達をすれば、問題解決ができます。

■今、日本国民は、増税に対して反対意見がおおいのですが、国際金融市場から資金調達をすれば、問題解決ができます。 日本政府は、大きな政府になっているので、非常に多くの財源が必要になります。その問題を解決する手段は、非常に簡単です。現在、SRP関連…

Mete財団がおこなうODAについて

Mete財団がおこなうODAについて 現在、Mete財団は、SRP(ソブリン ロイヤル ポートフォリオ)の資産をつかったODAを実施しています。そのことは、過去のブログでも紹介しています。Mete財団の加盟国は、100ユーロの寄付が提供されるのですが、それは。一…

SBLCの収益化によるプロジェクト資金の調達プログラム(最新情報)

SBLCの収益化によるプロジェクト資金の調達プログラム(最新情報) 最近は、国際金融市場におけるSBLCにおける収益化ということを書いています。これは、欧州金融市場は、SBLC(MT760)を銀行で発行することで、収益化ができるという金融の仕組みがあります。…

企業育成資金のルールは、何も変わっていません。

◎企業育成資金のルールは、何も変わっていません。 ちまたで、色々噂になっていますが・・・ 育成資金で病院や農協に資金ができるという噂を流れているということですが、企業育成資金の資金本部は、従来と同じで、「東証プライム 資本金100億円以上、銀…

グレート リセットの時代の資金調達の方法 プロジェクト ファイナンスについて

MSA 総合研究所です。 最新のメテ財団が行っているプロジェクト 資金の調達方法について説明をしています。 つまり 銀行でスタンバイ LC を発行することができ 何らかのプロジェクトがあれば資金調達が可能になりますので この仕組みを使って資金を調達し そ…

プロジェクト 資金の調達は スタンバイ LC を発行することで可能になります。

MSA 総合研究所です。 いくつか質問が出てきましたのでそのことについて回答いたしますが今メテ財団が行っているプロジェクト ファイナンスについてですが資金提供できる条件というものが決まっております これは 政府でも民間でも良いのですが 取引銀行で2…

償還金の制度を使った「プロジェクトファイナンス」による資金調達方法、最新版です。

償還金の制度を使った「プロジェクトファイナンス」による資金調達方法、最新版です。 最新のプロジェクトファイナンスの調達方法について、メテ財団が提供する仕組みは、SBLC(スタンバイLC)の1年ものを提供することで、SBLCから資金提供することになりま…

大阪万博を国民負担無しで行う方法・・政策提言

■大阪万博を国民負担無しで行う方法・・政策提言 筆者は、提案したいことは、大阪万博の国民負担が増大する件で、資金負担をしなくても良い方法として、現在、メテ財団が提供するプロジェクトファイナンスを利用をすれば、問題解決ができます。メテ財団は、…

プロジェクトファイナンスから見る本当の経済の仕組みを理解する。

■プロジェクトファイナンスから見る本当の経済の仕組みを理解する。 一昨日のことですが、Mete財団の本部から新しいプロジェクトファイナンスのサービスを始めるからということで、連絡がありました。筆者は、Mete財団の公式アンバサダーです。それで、一通…

プロジェクトファイナンスを利用することで、外貨準備高を増やすことができる。

■プロジェクトファイナンスを利用することで、外貨準備高を増やすことができる。 昔は、世界銀行と30年間償還プログラムということで、プロジェクトファイナンスをおこなっていた歴史がありましたが、それと同様の仕組みが、Mete財団グループがスタートし…

プロジェクトファイナンスについて 最大200B(ビリオン)ユーロ(約35兆円)まで

■プロジェクトファイナンスについて 最大200B(ビリオン)ユーロ(約35兆円)まで プロジェクトファイナンスについて解説したいと思います。 Mete財団は、新しい仕組みでのプロジェクトファイナンスをリリースしました。 ◎対象 国家政府、 地方政府 、…

オファー型によりシンクタンク業務を強化することが重要な課題だと考えている。

■オファー型によりシンクタンク業務を強化することが重要な課題だと考えている。 SRPから提供される日本国内向けのODA(企業育成資金)についての説明を行っています。最近、日本の対外援助である政府開発援助についても、オファー型での政府開発援助を推進…

大阪万博の財源問題の解決・・・これは、SRPから提供される日本国内向けのODA 企業育成資金を活用することで解決できる。その他、地域の財源問題は、この制度を最大限に活用することで、問題は解決することができる。

■大阪万博の財源問題の解決・・・これは、SRPから提供される日本国内向けのODA 企業育成資金を活用することで解決できる。その他、地域の財源問題は、この制度を最大限に活用することで、問題は解決することができる。 大阪万博は、最近のニュースなどをみて…

日本の増税問題を解決するのは、国家予算外資金といわれる資金を動かす以外方法がない。それは、SRPから提供される日本国内向けのODAのこと(企業育成資金)

■日本の増税問題を解決するのは、国家予算外資金といわれる資金を動かす以外方法がない。それは、SRPから提供される日本国内向けのODAのこと(企業育成資金) 最近は、現在の政府執行部に対して増税路線であることで、国民の反発が高まっている。その理由は…

増税が嫌ならこの制度を理解するべし

MSA 総合研究所です。 最近は日本経済も非常に悪化してきており 政府 自身も国民に対して大きな負担を要求するような 増税 政策を話しておりますが その問題を解決するには政府に対して財源を与える 以外 方法はありません。 それを行う方法として 一番簡単…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。