【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

2022-06-01から1ヶ月間の記事一覧

太陽神のエネルギー革命

□太陽神のエネルギー革命 今日は、ブログの読者から「常温核融合技術」についてどう思いますか?という質問がありましたので、そのことについて述べさせていただきます。常温核融合技術というのは、筆者も詳しいわけではありませんが、放射能などの有害物質…

世間で言われる極秘の儲け話について、語る。

□世間で言われる極秘の儲け話について、語る。 巷で噂されている都市伝説ビジネスは、ほぼ全て米国証券法におけるインサイダー取引にならないために私募プログラムで行われているビジネスモデルになります。 企業育成資金 大口ゴールド割引取引 大口株式割引…

私募プログラムを知ることで、日本の活力をえるための資金調達の手段が見えてくる。

□私募プログラムを知ることで、日本の活力をえるための資金調達の手段が見えてくる。 都市伝説ビジネスは、基本的には、ほぼ全て私募プログラムによって募集されている案件であることがわかったかと思います。 すなわち、銀行や証券市場が関係する金融商品に…

都市伝説であるゴールドの売買のはなし?

□都市伝説であるゴールドの売買のはなし? MSA総合研究所は、巷で噂される都市伝説的なビジネスモデルに対して、深堀りして、語ってみることにします。 よく耳にするのが、巨額なゴールド取引の話です。この話は、現物を動かして取引する話ではありません。 …

私募プログラムを最大限に活用することが、信用創造による経済発展を加速させる。

□私募プログラムを最大限に活用することが、信用創造による経済発展を加速させる。 MSA総合研究所のブログは、巷で噂になっているビジネスモデルについての解説ブログになっています。多くの方から反響を得ています。今まで知人のブローカーから話を聞いてい…

PPPにおけるプロ市場があることが、G7経済の救済になる。

□PPPにおけるプロ市場があることが、G7経済の救済になる。 最近は、米国証券法のインサイダー取引にならないための私募プログラムについての説明をおこなっています。 証券に関する商品で、市場価格より割引で売却して、収益える取引をする場合、プロの大口…

私募プログラムの仕組みが理解できれば、企業育成資金の対象企業は、なにかとお付き合いのある企業であることが理解できる。

□私募プログラムの仕組みが理解できれば、企業育成資金の対象企業は、なにかとお付き合いのある企業であることが理解できる。 当ブログの読者は、次第と私募プログラム(PPP)についての意味が理解してきました。 1、1933年米国証券法でインサイダー取引…

都市伝説のPPPというのは、普通の商売でもある話。

□都市伝説のPPPというのは、普通の商売でもある話。 筆者は、金融の国際金融の専門家の意見ということで、PPPなど、存在しないということを話している記事を見て、PPPの意味がわかっていないということになります。PPPとは、「private placement program」の…

日本の円安問題の本質を見ていく。

□日本の円安問題の本質を見ていく。 日本の円安問題について考えてみる。その原因は明らかに、長期米国債の利上げをしたことが原因している。今年の1月から6月現在まで、1%ちょっとだった利率が、6月で3%を超えている。そうなれば、機関投資家は、円売り…

国際金融ビジネスにおけるPPPによるJV(ジョイントベンチャー)の概念とは

□国際金融ビジネスにおけるPPPによるJV(ジョイントベンチャー)の概念とは コロナ下でもグローバルな仕事が可能なのが、国際金融のビジネスになります。特に送金やPPPというジャンルの仕事は、国際金融のビジネスとして重要なビジネスになります。 昨日、ア…

(PPP)私募プログラムがなぜ利益が大きいのか?

□(PPP)私募プログラムがなぜ利益が大きいのか? 一般的に都市伝説的に思われているPPP(私募プログラム)は、取扱商品は、色々あります。 債権、株式、先物取引、商取引(ゴールド)など、取引市場で、一定の価値が保証されいるものを対象に行われている制…

私募プログラムの本物の姿を理解することで、すべての全貌が見えてくる。

□私募プログラムの本物の姿を理解することで、すべての全貌が見えてくる。 私募プログラム(PPP)とは、何かを説明しています。これは、有価証券にあたるもの(株式、債権、その他証券)の取引おいて、大口の取引を行う際に、通常の相場より割引で卸し、大口…

私募プログラムの仕組みを知ろう。大口取引における私募プログラムの常識を知れば、誰の話が正しいのか、間違っているのか理解できる。

□私募プログラムの仕組みを知ろう。大口取引における私募プログラムの常識を知れば、誰の話が正しいのか、間違っているのか理解できる。 大口取引に関する割引証券の取引では、私募プログラムとして行われています。その理由は、証券法によるインサイダー取…

なぜ、企業育成資金は、私募プログラムによって募集されるのか?その理由について語る。

□なぜ、企業育成資金は、私募プログラムによって募集されるのか?その理由について語る。 私募プログラムは、なぜ非公開で行われるか?証拠を残さないのか?そのことについて、説明をします。 これは、通常の証券市場で販売されている証券とは、違う条件で販…

私募プログラムはなぜ行われているのかその理由についてしっかり説明しています。

□私募プログラムはなぜ行われているのかその理由についてしっかり説明しています。 一般的にブローカー案件として極秘で進められている巨額な収益が期待できる話のほぼ全てが、私募プログラムに関する案件になります。 なぜ、私募プログラムというものが存在…

日本から多額の資金が流出している現在、それを制御するのは、企業育成資金の仕組みである。

□日本から多額の資金が流出している現在、それを制御するのは、企業育成資金の仕組みである。 今、日本で起きていること、それは、日本円の流出ということが言えます。日本円は流出しているのか?といえば、語弊がありますが、米国債の長期国債(10年、30年…

日本でもPPPの仕組みは存在する。

□日本でもPPPの仕組みは存在する。 日本版のPPPの話があります。PPPというのは、売りたい商品を割引で仕入れて、それを瞬間的に転売するという仕組みでその仕入れ価格と売却益の差額をトレーダーと分ける仕組みのことを言います。 一般的には、この手の案件…

政府の借金問題の解決方法は、政府方針だけでは解決できない。民間財源の資金を投入をしない限り、救済方法がない。

□政府の借金問題の解決方法は、政府方針だけでは解決できない。民間財源の資金を投入をしない限り、救済方法がない。 参議院選挙の投票が7月10日に行われます。各政党、経済対策について語られていますが、経済政策で考えなければならいことは、政府が国民を…

日本のピンチ、今、我々は、企業育成資金の活用件数を増やすことための活動を積極的に行います。

□日本のピンチ、今、我々は、企業育成資金の活用件数を増やすことための活動を積極的に行います。 日本の経済的ピンチなときに、第三の財源と言われる民間財源を動かし、企業育成資金を活用することで、日本経済の復活をさせることが重要です。 この資金につ…

通貨流通量を増やすプロセスについては、PPPのプロセスを理解する。

□通貨流通量を増やすプロセスについては、PPPのプロセスを理解する。 通貨流通量を増やすプロセスについて、説明していけば、これは、PPPについて詳しく知らなければ、本当のことが見えてきません。PPPといえば、私募プログラムという説明だけでは全く何をし…

日本政府の借金問題は、もう限界まで来ていると言える。今の円安は、政府の借金問題の解決策がないことが原因して、世界の日本への日本円への価値は日々低下している。その解決方法は、企業育成資金以外ないのです。

□日本政府の借金問題は、もう限界まで来ていると言える。今の円安は、政府の借金問題の解決策がないことが原因して、世界の日本への日本円への価値は日々低下している。その解決方法は、企業育成資金以外ないのです。 日本経済の先行きについて、非常に危な…

資本主義経済の基本は、政府は、国民(民間)に雇われることで成り立つという原理を知ろう

□資本主義経済の基本は、政府は、国民(民間)に雇われることで成り立つという原理を知ろう。 資本主義社会の大前提は、「政府は、国民に雇われ、社会サービスを提供している」ということが重要になります。 この事を忘れて大きな政府になるときには、国家に…

円安、物価高に苦しむ現状を、企業育成資金を使って、自給自足できる国家形成を促進させ、内需型経済の強化を提案する。

□円安、物価高に苦しむ現状を、企業育成資金を使って、自給自足できる国家形成を促進させ、内需型経済の強化を提案する。 悪い円安が続く傾向があり、今、直面している問題としては物価高担っているということが言えます。ロシア、ウクライナの戦争に関係し…

危険度が増す世界情勢、ブロック経済化する世界で日本は、内需発展型で生き抜くことが大切である。

□危険度が増す世界情勢、ブロック経済化する世界で日本は、内需発展型で生き抜くことが大切である。 最近は、円安傾向が続いています。日に日に、日本経済は、厳しい状況に向かっているといえます。コロナショックによる経済停滞、世界のサプライチェーンが…

企業育成資金の仕組みを正しく理解すると日本版PPPのことである。

□企業育成資金の仕組みを正しく理解すると日本版PPPのことである。 企業育成資金について、長年説明をしてきましたが、今まで説明してきた内容のことを理解すれば、企業育成資金の仕組みとなぜ、このような制度があるのか?理解が出来ると思います。 ただ、…

世界経済の本当の仕組みが理解できなければ、企業育成資金の仕組みが理解できない。

世界経済の本当の仕組みが理解できなければ、企業育成資金の仕組みが理解できない。 企業育成資金を追求していけば、トレーダーデスクという事になります。プライマリーバンクのトレーダーデスクは、中央銀行の関与、財務省の関与することが禁止されています…

PPPの仕組みを理解すれば、企業育成資金が世界的金融システムによって成り立っているのか理解できる

□PPPの仕組みを理解すれば、企業育成資金が世界的金融システムによって成り立っているのか理解できる。 企業育成資金の話を追求していくと、その先には、PPP運用になり、PPP運用とは、なにか?というとプライマリーバンク(準備銀行)間で取引される「MTN Me…

企業育成資金は、信用創造の資金を生み出す仕組みを支援するモデルでもある。

□企業育成資金は、信用創造の資金を生み出す仕組みを支援するモデルでもある。 企業育成資金の仕組みを理解するには、PPPの仕組みを理解する必要性があります。 PPPというのは、準備銀行(プライマリーバンク)がMTN(Medium Term Note) 中期債を発行する際に…

PPPなぜ生まれたか?その仕組を理解することで世界の通貨の仕組みが理解できるようになる。それが理解できれば、企業育成資金の仕組みが完全に理解できる。

PPPなぜ生まれたか?その仕組を理解することで世界の通貨の仕組みが理解できるようになる。それが理解できれば、企業育成資金の仕組みが完全に理解できる。 通貨発行の仕組みである法律「銀行は、自らの銀行担保により銀行券を発行してはならない」というル…

【重要】この内容が理解できれば、企業育成資金の存在する仕組みと理由がわかる。

□この内容が理解できれば、企業育成資金の存在の理由がわかる。 企業育成資金は、PPPが存在するために、この制度が成り立つといえます。PPPというのは、FRBのライセンス持ったトレーダーが、行うトレードということは、本ブログでは説明しています。それでは…

Flag Counter