【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

2021-10-01から1ヶ月間の記事一覧

打っても響かないジレンマとの戦い

企業育成資金の話を進めていく上で、この資金について多くの方が勘違いしていることが言えます。 特に例の◯資金ということを言われるということですが、戦後の復興財源は、基本的には米国のPPP運用によって資金を作り資金提供されてきたものです。 これは、…

企業育成機構の活動の重要性を説く。政府破綻を救済するのは、民間財源の投入以外方法はない。

企業育成機構が目指すところは、「企業育成資金について、その資金について話を伝えたら感謝される存在になる」ということが大切であります。企業育成資金の本質は、PPP運用をベースにした借金を伴わない資金を目的にした資本主義経済の発展を支援するための…

企業育成機構の活動概要について説明

企業育成機構の概念について解説します。企業育成機構は、企業育成資金に関心があり、企業育成資金についてより深く理解をするためにインターネットを通じて学習するために自然に集まったメンバーによって構成されている組織になります。本部は存在せず、情…

企業育成機構の紹介「令和の所得倍増計画を実現する手段をもつ社団として」

企業育成機構の活動については、世界統一ルールで行われているPPP運用を活用した企業育成資金を市場に流通させることで、借金を伴わない資金を日本に流通させ、日本経済の底上げを支援する人格なき社団として全国で活動しています。日本経済の立て直しは、政…

PPPについて理解をしてもらうことが、この制度の普及にとって重要であります。

企業育成資金についての話を書いています。この制度は、PPP運用という世界で同じプラットフォームで行われているFRBのライセンスをもったトレーダーによって行われている案件をベースに行われてる資金提供案件になります。よって、主催者は、申請条件につい…

精神的打撃を目的にする情報に耳を傾けないことが重要です。

企業育成資金について言えば、これは、民間経由で募集をしていることもあり、常にいろいろ情報が飛び交っています。そのなかでも、多いのが、壊し屋と言われる関係者からの情報であります。 壊し屋というのは、「精神的打撃を与えることを目的」に活動してい…

2021年は企業育成資金について大変革の年でした。

企業育成資金についての話を書いています。 日本独自の企業育成資金という制度は、時代とともに変化をしています。特に今年の4月にあった業態改革においては、大変革であったということです。すなわち、企業育成資金は、かつては政府との関係もありましたが…

PPPプラットフォームを考察すれば、資本主義社会の原点が見えてくる。日本経済の復活は、この銀行システムを理解せずして解決はなし

PPP運用についての話を書けば、これは世界で統一されたプラットフォームで実施されていることになります。PPP運用だけ見れば、日本独自のものがないのですが、ただ、日本で企業育成資金を申請するメリットの最大の特徴は、これは、日本への送金をするにあた…

間違った社会論調を信じるな、本当の資本主義社会の仕組みを理解することが、日本国家を救済する!

新しく組織が刷新された企業育成資金でありますが、病院の案件を直接募集を始めたのは初めてことかと思います。さて、病院の案件は、過去は外部委託していたようですが、そこからの資金提供がうまく行っていなったことがあったり、また、この案件に、いろい…

企業育成機構の支部運営についての質問に対する回答

企業育成機構の支部運営についてとある方から質問がありましたのでそれについてひとつブログを書きたいと思います。 企業育成機構は企業育成資金の友の会として各地で支部を作ってもらっています。 支部リーダーの中でも積極的に動いている方は自身の多数の…

世界標準で行われている PPP 運用について理解すれば企業育成資金の制度について理解ができる

PPP という運用についてこのことに理解すれば企業育成資金の仕組みがよく理解できます。 PPPというのは官民一体のパートナーシップの投資ではありません。 一般的には官民一体のパートナーシップでの投資の方が有名ですがここで言う FRB のトレーダーが行な…

最後の猛ダッシュ 今月末までの案件

企業育成資金の臨時案件である民間病院で350床以上、資産が50億円以上ある病院理事長に資金提供できる案件がありますが、今月中(10月)という募集期間ということですから、あと2週間となりました。 時間も短い案件ですから、資金調達を計画している…

令和の所得倍増計画を実現するには、ただ一つ企業育成資金の制度を理解して参加することで実現できる。

資本主義経済の発展で、通過発行に関する案件を動かすことが重要だということを本ブログで常に訴えています。すなわち、借金を伴わない資金を掘り起こすということは、これは、PPP運用に関する仕組みを使わない限り、できないということになります。PPP運用…

これからもどんどん発展するであろう企業育成機構について

企業育成機構は企業育成資金についての友の会として設立しています。 企業育成資金というのは東証一部の資本金100億円以上そして銀行そして信用金庫の預金高3000億円以上そして現在は今月中だけですが病院で350床以上のベッド数の病院に対して企業育成資金を…

企業育成機構の新しい支部が追加で2箇所できました。紹介します。

企業育成資金の友の会である「企業育成機構」の支部が2つ増えました。紹介します。 新たに増えた支部 ◎企業育成機構 明光支部◎企業育成機構 まほろば支部 *******企業育成機構の活動支部の紹介 企業育成機構 山手支部企業育成機構 さくら支部企業育…

企業育成資金を理解する上でこの部分が分からなければ無駄な努力になります。

企業育成資金についての話を書いています。 企業育成資金というものは基本的にはアメリカの FRB の資格を持ったトレーダーが行なっている PPP 運用というものに参加できる方が条件になります。 基本的にはこれは世界標準の概念で5000万ドル以上の資産を持っ…

非常識が常識であるという考えを持つことで、初めて日本経済の復活の方法が理解できる。

緊急事態宣言も落ち着き、企業育成資金の案件も今年の残すところ2ヶ月になりました。現在における企業育成資金の制度は、PPP運用がベースで行われているということについて本ブログでは説明しています。 日本で馴染みのない運用方法ですが、価値を現金化し…

個人的資金調達をする手法は借金以外にもその調達したい個人の価値によって資金を生み出す仕組みがある。

企業育成資金について話を書いています。 企業育成資金というものはこれは PPP 運用と関係しているという話はここ最近毎日のように書いています。 すなわち企業の価値は企業の代表者と同等の価値があるという判断で企業の代表者がその価値を持って PPP 運用…

現在における新貨幣理論 信用創造、価値によって資金が生み出される仕組みを理解することが大切である

世界経済を裏で支えている制度、PPP運用 このことについては、海外インターネットサイトには、いろいろ情報が書かれているが、日本語での情報は皆無であります。一部、つぶやき程度で書かれていますが、詳細について理解できる情報はなく実際のところが理解…

本当の金融の世界を知れば、企業育成資金の話は、何も不思議ではない。

本来、東証一部の資金金100億円以上、銀行の本資金(企業育成資金)を中心に案件を行わなければならないのですが、病院の案件が東証一部や銀行の案件より、ハードルが低いと思われるのか、話が盛り上がっています。たしかに、過去に申請して資金が出なか…

PPP 運用の常識を知ることが重要である。

企業育成資金について説明しています。 企業育成資金というのがなぜ資金が捻出できるかといえばこれは価値に対して運用ができるという PPP という運用の案件があるから出来るのです。 すなわちその価値が運用ベースに乗らなければ資金は出せないということに…

価値のある人物は、信用創造の世界では、資金を生み出すことができる。

企業育成資金について、解説しています。 企業育成資金は、米国FRBの資格を有したPPP運用トレーダーが行っているPPP案件があるので、存在できるという説明をしています。PPPというのは、1930年代、ケインズの提唱によって始まった銀行券の中期債のトレー…

是非とも現実化してほしい「所得倍増計画」それに対して政策提言

株式市場に対して、キャピタルゲインに対して増税をするということをはなしたということですが、これは、所得倍増計画とは、ちょっと路線がずれています。 日本は、株、債券などで得たキャピタルゲインに対しては、分離課税で20%の税金がかかります。 実…

令和の所得倍増計画の成功法は、「PPP運用強制参加法」を可決すること!冗談抜きで!

現政権は、所得倍増計画を話しているので、筆者の思いと一緒であると思っています。しかし、残念ながらその方法を全く知らないようです。 簡単です。 PPP運用に参加できる日本の資本家、経営者は、参加して資金をどんどん受け取ってください。なにをしすれば…

PPP運用は、民間資産の価値から資金を生み出す手段である。

世界経済の発展を支えてきた資金運用は、ずばり、「PPP運用」になります。これは20世紀初頭からこの概念が始まり、1929年の世界恐慌からの復活をするために、テムズ川のダム開発事業、いわゆるニューディール政策を行う際に、資金を生み出す方法として…

本当の経済を作っている仕組みについて理解しよう。

企業育成資金についてのブログを書いています。 企業育成資金というものは、東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上、そして、今月中は、病院の350床以上資産50億以上の病院を対象に企業育成資金として返還不要の資金…

問題行動する人たちのパターンを知る

企業育成資金に対してこれを推進させることをやめさせようという勢力あります。 これは本ブログで言う壊し屋と言う人達です。 壊し屋の人たちのパターンには3種類あるということは以前のブログでも書きました。 一つ目はこの資金を受けたら危ないとかこの資…

発信元不明の情報には手を出さないのが鉄則である

企業育成資金の案件を追いかけている人の中で発信元不明の情報を追いかけることほど無意味なことはありません。 よくあるパターンが ○○さんが資金を欲しがっている 資金者に相談してほしい。 という情報が仲介者の中で噂されることがあります。 しかし噂があ…

一般には理解できないお金の話

お金の世界について少し話をしてみたいと思います。 現在お金というものは信用創造によって作られています。 信用創造によってお金を作るという方法のことを PPP 運用と言います。 PPP 運用するためのお金の原資はどこにあるのかと言うとこれは全てコンピュ…

ブログのタイトル変更しました。

ブログのタイトルを変更しました。 さて、企業育成機構@MSA総合研究所ということで、ホームページの名称も変更しました。いずれ、企業育成機構のホームページも立ち上げます。独自ドメインを取得するかどうか、悩んでいますが、そのへんは、検討します。 さ…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。