【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

2019-07-01から1ヶ月間の記事一覧

運輸会社は、ここが決め手「路線を持つ企業」ーMSA資金の対象になる

MSA資金がどのような企業代表者に提供されるかが、わかりにくい部分があります。重要な点は、基幹産業や製造業を支える上でなくてはならないもの。また、それが間接的にも支援につながっていること。公益性があること。などなど、広く社会に貢献している企業…

基幹産業になる自動車業界ーMSA資金の重要業種になる。

日米相互防衛援助協定(MSA協定)による産業支援制度は、MSA協定における産業支援制度では、基幹産業と位置づけされています。よって、重要産業になります。資金の提供に関しても積極的に行うようになっています。 当然、MSA資金は、援助資金ですので、無償…

MSA協定における秘密保護法とは?

日米相互防衛援助協定(MSA協定)における秘密保持法! 実は、ここが非常に重要な話になります。 この案件を恐ろしい話で言う人物がいると聞きますが、秘密保護法があって、MSA資金について語ると危ない!という話を言う人がいます。 危ないのか?MSA協定に…

MSA協定を知る・・昭和29年は変革の年

日本の戦後の体制で一番大きく影響を与えた法令、日本になぜ、自衛隊ができたのか?また、駐留軍の存在について、どんな地位なのか、知るために重要な法令です。 米国の駐留基地だと多くの人は思っているかと思いますが、「国連軍の基地」ということになりま…

MSA資金についての法令ー経済援助資金特別会計法

昭和29年にMSA協定における米国からの経済支援に関する法令がいろいろ設定された。当時は、政府保証でおこなった案件であったことから、通常の特別会計の中で行われていた。しかし、その後、政治とカネの問題がクローズアップされたことで、1966年以降…

MSA資金の確認は、省庁で行えないー国際法で行っている案件である。

MSA資金の話をすれば、「この資金が本当にあるのか?」という疑問の声があがってきます。すこし、一般的常識から考えれば桁違いの資金のはなしであるから、そのような意見を言われるのが理解はできます。 中には、「私は、○○省の偉い方につながっているから…

非上場でも対象になる鉄道ーMSA資金

鉄道会社は、基幹産業であるので、非上場でもMSA資金の調達が可能というふうになっている。 その条件は、 ____________________ 幹線鉄道網 人口10万人以上の都市を相互に連絡し、旅客営業キロが30km以上で、支線を含む全区間における旅…

万博の整備事業にも活用できる

大阪万博が2025年に開催されます。その財源確保の手段についてアイデアがあります。簡単に言えば、開催予定地である夢洲は、負の遺産といわれ、1兆円を超える負債が残ると言われています。 正確な情報入手したわけではないので、正確な負債額はわかりま…

資金不足で現実化できていないインフラ整備は、MSA協定による資金調達方法以外ないでしょう。

MSA協定における支援制度を活用してかつては、東名高速道路や阪神高速道路、東海道新幹線の建設を行いました。当時は資金調達は、世界銀行から資金を融資を受けるという形で資金調達をしました。当然、金利も世界銀行に対して支払っていますが、返済方法が、…

MSA資金調達をして工場への設備投資は、リース会社を作ることがおすすめ?

MSA資金は、東証一部の代取であれば、条件を満たしていれば、大きな資金を無償にて個人調達することができます。代取個人が巨大な資金を調達したからといって、活用方法がわからないといという話を伺います。 たとえば、巨大な製造工場を経営している企業は…

金融機関の不正融資問題に対する提案 MSA資金が助けになるか?

MSA資金とは、産業を支援するために創設された資金です。本来は、業績悪化して同しようもない企業を救済するために考え出された資金提供の方法でした。 とある自動車メーカーが業績悪化して取引銀行からも「これ以上資金を融資するのが難しい」「今の業績で…

MSA資金は、どんな条件で資金提供されるか?製造業比率は、4%以上という決まりとは?

MSA資金は、どのような企業の代取個人に資金提供される案件であるかを説明します。 基本的には、 ①東証一部であること。 ②資本金100億円以上(最近は、50億円から相談可能)。 ③製造、基幹産業が優先される 製造業でなくても、資本金が100億円を超えてくると…

自動車業界は、業界全体が不況傾向。MSA資金は常に資金サポートできる体制があります。

自動車業界の不祥事や経営難が日々ニュースで伝えられています。自動車産業自体が基幹産業としての指定になっています。 MSA資金の資金提供は、本来、基幹産業に多いく資金を出すということを決めていますので、自動車メーカーの代表権者個人に対しては、…

お盆休みについて

毎年夏になるとMSA資金(償還金)の案件が一時期長期夏休みになるという話になるのですが、今年は、長期休暇の案内はまだ来ていません。 ただ、今週、来週いっぱいで一応終了です。お盆の時期は、8月10日から8月19日ころまではお休みになる予定です。 お…

MSA資金の案件の本当の意味を伝える価値。

MSA協定における産業支援制度についての話を随分、書いてきました。このブログをみて勉強されている方もいることを知ったので、筆者も力を入れて書かなければと思っています。 本来、MSA協定資金について詳しく説明していこうと思った理由は、この制度につい…

失われた30年とかいうらしいが、国民の所得を増やす努力をおこなっていないだけである。財源はある。

平成の時代を語るときに、「失われた30年」という表現も出てきたようです。すなわち、平成の時代は、経済を語るうえで、まったくいいことがなかったということになるのいだろう。その原因は、どこにあるのだろう。 逆に隣国である中国経済成長が話題になって…

MSA総合研究所の使命は、MSA資金を関係者に理解を求めるために説明を行うこと

MSA資金「償還金」について、ブログ随分書きました。都市伝説的に語られていた償還金ですが、現在でもその制度が継続的に行われています。 昔は、小麦の食糧援助からの日本円の積立金からの支援制度でありました。その後は、世界銀行からの日本の産業に融資…

MSA資金の申請には、持ち株比率は関係ない。

MSA資金は、日本の重要産業企業の代表権者個人に資金提供される案件です。そこで、気になるのが、創業者でなく、自社株をまったくもっていない代表取締役でもMSA資金の案件に申込できるのか?という疑問が出てきます。 答えは、申請者の職位が、条件を満たし…

経営難で、究極にピンチになった時でもMSA資金は無償提供される。

本来、MSA資金は、経営難の企業を救う意味をもっています。銀行や周囲の出資者から資金調達ができなくなり、債務超過に陥り、どうしようもなくなった時でもMSA資金は無償にて資金提供されます。 ただ、完全に倒産してしまえば、助けようがありません。 企業…

MSA資金の申請方法

MSA資金は、産業に対して、無償援助される資金であるが、一般的な助成金や補助金とは仕組みが違うことは、このブログで何度か説明してきました。これは、金融投資を行う手段としてアイデアによる資金提供になります。申請者ご本人が資金を出さなくても、MSA…

MSA資金は、いつまで申請可能だろうか?

MSA資金の申込をする際に、対象になる代表権者個人がいつまで申込可能かということをよく質問されます。 MSA資金の際に、重要なことは、資金を受け取った当日は、申請者が代表権があることが条件です。 すなわち、謄本上代表権があれば、資金を受け渡した日…

経営不振になれば、MSA資金を活用するべきだろう。

東証一部企業、金融機関(銀行、信用金庫)の経営不振になったときに、まずは経営者は、MSA資金の存在を知っていただきたいと思う。 MSA資金は、MSA資金の管理組織(審議委員会)と個人との契約により代表権者個人に資金提供される。 最近の経営者は、企業の…

なぜ、日本円があれだけ国債を発行していても、円が価値を保っているのか?

MMT理論ということ話すひとがいる。MMT理論について説明しているサイトを参照してみると・・・ ___________________ 現代貨幣理論 (げんだいかへいりろん、英語: Modern Monetary Theory、略称はMMT)、現代金融理論(げんだいきんゆうり…

資本金基準現在は、少し緩和、期間限定だと思いますが・・・

通常、MSA資金の申請条件が、東証一部、資本金100億円以上の代表権者個人が応募対象になっていますが、しばらくの間は、東証一部 資本金50億円以上で相談可能という基準で行うということを国内の資金管理事務局が話しています。 要審査になりますが、今まで…

生涯雇用問題は、MSA資金の活用で問題解決

資本金100億円以上の東証一部企業であれば、MSA資金を活用する権限をもっています。実際には、東証一部 資本金70億円程度でも相談可能となっています。 さて、MSA資金は、代取個人に渡すことになっていますが、代取の個人口座に入金した資金は、本人の…

お金がないならMSA資金を活用しなさい。

年金問題が、国家の重要課題として話されています。厚生年金の財源不足が言われ、その結果、年金は、株式市場で運用にかけられています。当然、株式市場で運用されれば、勝つ場合もあれば負ける場合もあります。負けた場合に、どうしたらしいのかという問題…

地方自治体の財源確保にもMSA資金を活用できる。民間との協力が必要になるが・・・

日本の第三の財源と言われる「MSA資金」について、提案したいことは、「地方財政の強化には、大きな資金を確保する最高の手段だ」ということを言いたい。MSA資金を申請できる立場の方がいる企業は、大都会に集中している。地方都市であれば、東証一部の企業…

MSA資金の活用が、社会福祉、年金問題などの国内問題を一気に解決し、国際貢献までも行える財源であることを知ることが重要だと思います。

MSA資金をどうやったら申請して資金を動かすことができるかを、説明してきました。このブログの読者の方は理解できたのではないかと思っています。これは、日本の産業を支える資本家の立場になる方に大きな資金を提供することで、資本主義社会の維持をしてい…

今こそ無税国家を目指すべきだろう。

MSA資金による運用益は、すでに日本の国家予算の1000年分以上の資金になっているという。詳細の実態は明らかにされていないが、数十京円という財源の確保が可能だと聞く。ただし、これは、証券市場で運用されている金融マネーであり、日本国内で通常に使える…

国家予算は、税金より金融投資の運用により財源の確保が重要だ

の「消費税増税反対!」という掛け声、また、「消費税などいらない」という話を選挙戦で話を聞きますが、財源はどうするのか?というと、「富裕層から金を取ればいい」とという回答を言う。それでは、富裕層は、税金の安い海外に居住地を移すだけである。 そ…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。